東京六大学で1年生が活躍、明大・水野匡貴投手が147km/hリリーフ

斉藤大将, 水野匡貴, 明治大, 立教大, 藤田凌司

 東京六大学では1年生の活躍が目立ち始めている。立教大は藤田凌司投手が3戦3勝、明治大もリリーフで斉藤大将投手、水野匡貴投手がリリーフで登板した。

1,2年生が活躍の立教大

 「1,2年生がレギュラーで出るチームは強い」という言葉が、高校野球、大学野球にはある。上級生に囲まれてプレーするため、必死にプレーをするためだ。立教大は毎年のように1年生が活躍を見せる好循環を描いている。

 昨年は沢田圭佑投手と佐藤拓也選手といった1年生がチームを引っ張り、今年は藤田凌司投手が3戦3勝でチームを支えている。

 藤田投手は県岐阜商出身の左腕で、173cmと小柄だが同学年の松井裕樹投手の投球フォームを参考にして最速140km/hまで球速を延ばし、夏の甲子園では大阪桐蔭をやぶる好投を見せた。

 球速こそ130km/h台だが、テンポよく投げる事でリズムを作り、スライダー等の変化球で打ち取る。今季は法大2回戦で5回4安打1失点、慶大2回戦で5回5安打3失点、そしてこの日の東大戦では初回に2ランホームランを浴びたものの、その後はテンポを取り戻し、6回5安打2失点にまとめて3連勝を飾った。

 チームも2年生の沢田投手と1年生の藤田投手で6連勝と勢いに乗っている。しかしこれから明治、早稲田といった強豪との戦いとなる。

 

水野匡貴投手が147km/h

 明治大も1年生が登板をしている。桐蔭学園出身の斉藤大将投手は179cmの左腕投手で、昨年は神奈川の高校野球で松井裕樹投手と共に注目された投手だった。春のリーグ戦で3試合にリリーフ登板し、今季もここまで4試合に登板している。この日は連打を浴びて2/3回で2安打1失点と苦いマウンドとなったが、実戦経験を積んでいる。

 左腕では4年生に山崎福也投手、そして3年生に上原健太投手がいる。球速は140km/h前半とまだまだだが、これから二人を参考に成長をしてほしい。

 またこの日は静岡高校時に鈴木翔太投手(聖隷クリストファー:2013年中日ドラフト1位)と共に注目された水野匡貴投手が8回から登板すると、最速147km/hのストレートで2回をノーヒット4奪三振に抑える圧巻のピッチングを見せた。2四死球と制球に課題はあるが、明治大にまた楽しみな投手が出てきた。

 左右の1年生が4年後にどんな評価を受けるのか、いまから非常に楽しみだ。


PAGE TOP