明治大、横浜・萩宗久選手、広陵の田上夏衣選手、仙台育英・湯田統真投手、山梨学院・林謙吾投手など入学

2027年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

横浜の萩宗久選手、広陵の田上夏衣選手、仙台育英の湯田統真投手、山梨学院・林謙吾投手などが明治大に進学する。

スポンサーリンク

1月下旬に入寮

明治大の新入部員として仙台育英の湯田統真投手と山梨学院の林謙吾投手は1月28日に入寮をした。

湯田投手は最速153キロの速球を投げ、昨夏の甲子園で優勝、今夏は準優勝をした。センバツで優勝した山梨学院・林投手は湯田投手について、「投手としては球速もそうですし、変化球もそうですが、尊敬というか凄いなと思います。私生活を過ごしてみても、野球に取り組む姿勢は似ているというかいいなと思います。もちろん、負けたくないというライバル心もありますが、そういう選手と一緒に高いレベルで野球ができるという方が強いです」と話した。

一方、湯田投手は林投手に「自分にはないコントロールを持っている投手。自分と違うタイプが来てくれたので、新しい成長につなげられるかなと思いました。自分は練習が好きなタイプで、林は自分よりも練習が好きなタイプなんで、すごいなと思います」と話した。

林投手は「自分の目標は勝てる投手。最多勝を取れる投手になりたい」と目標について語ると、湯田投手も「最優秀防御率を取りたい。防御率は自分が担っている割合が一番大きいと思うので」と話した。

また、野手も強力な選手が入部する。横浜の萩宗久選手と広陵の田上夏衣選手も1月28日に入寮をしているが、萩選手は「長打力、飛距離が人よりも長けている部分だと思うので、ホームランバッターとして一本で流れを変えられるところが持ち味だと思います。春、秋ともに日本一を取れるように。その中で活躍して、チームの主軸になれるようにという目標があります。3冠王を取りたいです」と話した。

萩選手は高校通算17本塁打のスラッガーで、昨年は日体大との練習試合で素晴らしい当たりを見せており、大学レベルでも間違いなく活躍できる選手だと思う。4年後のプロ入りを見据えて「そこから逆算をして」成長の計画を立てている。

田上選手は50m6秒の俊足など走攻守がそろった外野手として注目されたが、明治大には広陵出身の宗山選手がおり、「自分にとっては憧れで、目指すべきところです。野球へ真摯に向き合う努力や、野球に対しての姿勢が凄い。入る前から、宗山さんと一緒にできるのはいいなあと言われていました」と話す。

「自分のアピールポイントは足。守備範囲の広さと、臨機応変のバッティングが持ち味だと思います」と話す田上選手、宗山選手とともに上位打線でチャンスを作り、萩選手など主軸が長打でランナーを返すようになれば、その破壊力は計り知れないものになる。

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】横浜の強打者・萩宗久が明大に合流 4年後プロ照準「3冠王を取りたい」春秋日本一へ爆発誓う : スポーツ報知
 東京六大学野球リーグの明大は11日、来年度の入学予定選手が東京・府中市の内海・島岡ボールパーク内にある島岡寮で報道各社の取材に応じた。横浜(神奈川)の強打者、萩宗久外野手(3年)はリーグ3冠王を目標
【大学野球】広陵の俊足リードオフマンが明大合流 憧れの宗山先輩に早くも志願「一緒にやらせて下さい」 : スポーツ報知
 東京六大学野球リーグの明大は11日、来年度の入学予定選手が東京・府中市の内海・島岡ボールパーク内にある島岡寮で報道各社の取材に応じた。広陵(広島)のリードオフマンとして甲子園を沸かせた田上夏衣外野手
【大学野球】明大の入学予定者は逸材ぞろい 山梨学院センバツV投手&仙台育英153キロ剛腕らが日本一へ闘志 : スポーツ報知
 東京六大学野球リーグの明大は11日、来年度の入学予定選手が東京・府中市の内海・島岡ボールパーク内にある島岡寮で報道各社の取材に応じた。山梨学院の昨春センバツV投手で最速142キロ右腕・林謙吾と、20
明治大入学、湯田統真「主要大会はすべて優勝」林謙吾「勝てる投手」 甲子園V腕コンビが日本一貢献誓う【大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東京六大学野球の明大に入学する甲子園V腕コンビが11日、東京都府中市の野球部島岡寮で、大学生活でも日本一に貢献することを誓った。一昨年...
明治大入学の萩宗久&田上夏衣が慶応大へのリベンジ決意「圧倒する」「絶対に負けないように」【大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東京六大学野球の明大に入学する横浜(神奈川)の萩宗久外野手と広陵(広島)でリードオフマンとして活躍した田上夏衣外野手が11日、東京都府...
甲子園V経験の山梨学院・林謙吾、仙台育英・湯田統真が揃って明大に入学予定「大学でも日本一」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
大学でも日本一を目指す。2年夏の甲子園で全国制覇、昨夏は準優勝の仙台育英の最速153キロ右腕・湯田統真投手。昨春、センバツで優勝投手に輝いた山梨学院・林謙吾投… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
明大入学の広陵リードオフマン田上夏衣、横浜の強打者・萩宗久「慶応Vメンバーには負けない」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東京6大学野球リーグの明大は11日、府中市内のグラウンドで新入生の練習を公開した。昨夏の甲子園に出場した広陵(広島)の俊足巧打のリードオフマン田上夏衣(かい)… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント