亜細亜大が山崎康晃投手で勝ち点落とす、拓殖大・佃勇典投手は4勝

山崎康晃, 佃勇典, 亜細亜大, 拓殖大

 東都大学リーグは亜細亜大vs拓殖大の3回戦が行われ、拓殖大が3-1で勝利して亜細亜大から勝ち点を奪った。亜細亜大はエースでドラフト1位候補の山崎康晃投手が先発したが9安打を許して敗れた。拓殖大・佃勇典投手は4勝目を挙げた。

山崎康晃、9安打3失点

 1戦目では5安打4奪三振1失点で完投勝利した山崎康晃投手だったが、この日は9安打7奪三振、四死球は1つと制球は普段と変わらなかったが、いつもより球威がなかった。

 3回に3ベースヒットを浴びると続く打者にタイムリーを浴びて1失点、さらにヒットを重ねられ4安打で3失点してしまう。その後は粘りの投球で無失点に抑えたものの、この試合はこの回が全てだった。山崎投手は試合後は無言で球場を出ていったという。エースとして自覚していただけに、負けてはいけない試合を落とした責任を感じているようだ。

 

佃勇典投手が4勝

 一方、拓殖大のエース・佃勇典投手はこの日6回まで1安打しか許さず、7回1/3を投げて3安打2奪三振2四死球と打たせて取る安定感のある投球を見せた。佃投手は亜細亜大との2回戦で登板しており9回を2失点に抑え完投した。中1日のマウンドだったが素晴らしい投球だった。

 卒業後は社会人野球でプレーすることが決まっているという。広島商出身で、広陵出身の早稲田大・有原航平投手、広島工出身の法政大・石田健大投手とライバルとして大学野球でも成長した。道は分かれる事になりそうだが、プロに進むとみられる二人を社会人を経由して追いかけ、実績を積んで追いついてゆきたい。

 

 14日の2回戦で完投勝利し、中1日。「勝てば残留が決まる。リードを守り抜こう」と低めの制球を意識し、6回まで1安打。疲労の色は隠せず8回途中で降板したが、山崎に並ぶ4勝目を挙げた。今季9戦中8戦に登板しているタフネス右腕。卒業後は社会人野球でプレーする予定で「最多勝を狙いたい」と意気込んだ。

  重たい体を気力で支えた。佃が8回途中1失点、112球の力投だ。116球完投した14日から中1日。「8回は足が動かなかった」と2四球を出して降板も、リーグトップタイの4勝目をマーク。「先制してくれて、何とか守り切りたかった」。4年生が意地を見せた。

 広島市生まれで、同郷のドラフト目玉候補、早大・有原航平投手(4年)とは中学時代からの顔見知りという。「向こうはレベルが高すぎて、友達と思ってるか分かりませんが…」と自虐気味に笑うが、本当は年末に食事もする間柄。「つっくん」と呼ぶ有原も「本当に優しい性格で、昔からスライダーのキレがすごかった」と一目を置く存在だ。


PAGE TOP