慶大・中塚遥翔選手は広瀬選手の20本塁打超え目指す

2027年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

慶応大に入部する選手が練習に合流している。智弁和歌山で高校通算25本塁打を放ち注目された中塚遥翔選手は、ソフトバンク入りした廣瀬隆太選手の20本塁打超えを目指す。

スポンサーリンク

優勝メンバーと

中塚遥翔選手は痛烈な打球を飛ばす左のスラッガーで、高校通算25本塁打のホームランを放ち、智弁和歌山の主砲として活躍した。

慶応大では1月23日に入寮して既に練習にも参加をしているが、この日は大学での目標について、「広瀬さんが20本打ったので自分はそれ以上打ちたい」と話し、東京六大学リーグ通算20本塁打を放ち、昨年のドラフト会議で福岡ソフトバンクに3位で指名された廣瀬隆太選手越えを誓った。そして、「まずは一本一本積み重ねていきたい。春から戦力になれることが目標」と話した。

広瀬選手は1年春からリーグ戦に出場し、ホームランは0本だった。しかし秋に2本塁打を放つと、そこからリーグ戦では必ずホームランを放ち、3年春に4本、4年春に5本とホームラン数を伸ばしていった。

中塚選手も鋭いスイングは高校の金属バットでは相手が危ないと感じるほどの鋭い打球を飛ばしており、強打の一塁手で智弁和歌山から早稲田大に進み、2005年に希望枠でヤクルトに入団した武内晋一選手のようなイメージもある。武内選手は東京六大学では12本塁打だったが、首位打者に輝くなど102安打を記録しているが、鋭い打球でホームランを放つ左の大砲になりたい。

日本一に貢献できる選手になり、4年後はプロを目指せるようになりたい」と話す中塚選手、20本以上のホームラン、そしてドラフト2位以上での指名を目指してほしい。

智弁和歌山高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
智弁和歌山の大砲・中塚遥翔は慶大へ リーグ本塁打記録へ挑む - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東京六大学野球の慶大に来年度入部予定の新1年生が9日、取材に応じた。智弁和歌山で主軸を担い、高校通算25本塁打を誇る中塚遥翔内野手(3年)は「日本一に貢献できる選手になり、4年後はプロを目指せるようになりたい」と意気込みを語った。
慶大進学予定の智弁和歌山・中塚遥翔「広瀬さん超え」星稜・服部翔「1年からベンチ入り」目標 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東京6大学の慶大に進学予定の智弁和歌山・中塚遥翔内野手と星稜(石川)・服部翔内野手(ともに3年)が全体練習後に取材対応を行った。甲子園に2度出場し、高校通算2… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【大学野球】智弁和歌山の4番が慶大合流 近畿大会3試合連続弾の大砲「広瀬さんを超えられるように」 : スポーツ報知
 東京六大学野球リーグの慶大が9日、横浜市内のグラウンドで来年度入部予定の新入生の練習を公開。智弁和歌山の主砲を務めた中塚遥翔内野手(3年)は、慶大からドラフト3位でソフトバンク入りした広瀬隆太内野手
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント