法政大・青木監督が初采配、畔上翔選手が土壇場でタイムリー

畔上翔, 川名健太郎, 法政大, 鎌倉航, 伊藤晃輔

 法政大はキャンプを行っている鴨川で、千葉リーグの強豪・国際武道大と今年初のオープン戦を行った。青木監督の法政大での初采配となった。

大胆な起用

 3季連続5位、またエースだった石田健大投手(2014年横浜DeNAドラフト2位)が抜けた法政大、今年は創部100周年という記念の年であるが、厳しい状態からのスタートとなる。

 この日は国際武道大と対戦すると、先発は房総のダルビッシュ・川名健太郎投手だったようだが、初回にエラーが絡んで失点、2回にも3失点で降板した。その後は熊谷拓也投手や4年生となる青木勇人投手と繋いだようで、誰が失点したのかは分からないが、合計6失点だった。

 しかし法政大も3回に3点を返すと4-6で迎えた9回は、今年のドラフト候補で主将・畔上翔選手がタイムリー2ベースヒットを放ち1点差に、さらに犠牲フライで同点に追いついて試合を終えた。

 初采配の青木久典監督は、今年入部する日本文理高校の捕手だった鎌倉航選手を2番手捕手として起用するなど、1年生の力も測っていた。

 100周年とはいえ1からのスタートとなる今年の初戦、高校時代に注目され4年生となった川名投手は結果を残せなかった。しかしキャンプ中の紅白戦で2本塁打を放っている4年生の伊藤晃輔選手は、この日も5回にセンター前ヒットを放つなど、青木監督も期待をしている。

 素質の高い選手はたくさんいるだけに、まずは戦力を測る所からスタートとなる。

 

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

国際武道大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 ここ3季連続5位と低迷し、DeNAへドラフト2位で入団したエース左腕・石田健大投手ら主軸が抜け、1915年創部の100周年で巻き返しが課題となっている。青木監督は、捕手の2番手として新1年生の鎌倉航(日本文理高出身)を使うなど大胆な起用もしながらでも「初戦の九回に追いつき、昨季より粘れるようになったと思うが、勝ちまで持っていかなくてはいけない」と勝利への強い意欲を示した。

 九回無死一、二塁で左中間へ適時二塁打を放った主将の畔上翔外野手を始め、創部100周年を最上級生で迎える選手たちが発憤した。その一人は、5番・DHでスタメンの伊藤晃輔内野手(静岡・掛川西高出身)。スポーツ推薦入学組ではなく、指定校から入学して野球部の門をたたいた新4年生。二回に死球で出塁し好機を作り、五回には中前打を放った。「4年目に懸けていて、紅白戦で2本塁打も放ち、貴重な右打者として打ってくれれば…」と青木監督から期待され、伊藤も「これから守備もがんばります」と笑顔を見せた。


PAGE TOP