来年の大学野球はどうなる?主役となるのはこのチーム(その1)

東北福祉大, 関西国際大, 立命館大, 近畿大, 国際武道大, 環太平洋大

来年の大学野球の展望、来年の大学野球で主役となるチームを予想してみます。

今年の全日本選手権は東北福祉大が優勝、準優勝が国際武道大、秋の明治神宮大会は立正大が優勝、環太平洋大が準優勝を収めた。地方リーグの大学の活躍は今年も大いに目立った。

来年も、東北福祉大、国際武道大は強さを見せそうだ。東北福祉大はエースの津森宥紀投手が全国制覇の立役者だったが、この秋も3勝1敗、防御率0.71と好成績を残しており、来年のドラフト上位候補に入ってくる。また1年生の椋木蓮投手がこの秋も4勝を挙げ、山野太一投手、三浦瑞樹投手など下級生の層も厚い。打線で吉田隼選手、深江大晟選手が抜ける穴を、楠本晃希選手などが埋めていけるかが連覇へのカギとなる。
東北福祉大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

国際武道大は2年連続で大学野球選手権準優勝をしており、来年こそ悲願を達成したい。打線では来年4年生になる勝俣翔貴選手がドラフト上位候補に挙がってきそうで、他にも豊田寛選手など主力となる4年生の打撃陣は全国屈指。しかし投手は、伊藤将司投手、平川裕太投手、青野善行投手といった下級生からチームを支えてきた選手が抜ける事になり、菊地大輝選手や北村朋也投手などの台頭が必要となる。
国際武道大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

環太平洋大は多くの選手を起用し、明治神宮大会で準優勝をした。投手では3年生の西山雅貴選手、バッターでは1年生の安藤優汰選手や4年生の志賀巧朗選手がポイントになったものの、絶対的な中心という事ではなく、投手では継投、打線も代打、代走など多くの選手が出ている。来年も同じような戦いで全国優勝を狙いたい。
環太平洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

明治神宮大会でベスト4に勝ち進んだのは、関西学生リーグの近畿大と、阪神リーグの関西国際大だった。近畿大は2年生の佐藤輝明選手が再来年のドラフト注目選手で、パンチ力と高い身体能力があり、今秋のリーグ戦も打率.354、3本塁打、9打点の活躍を見せている。また3年生の谷川刀麻選手が辰己選手に続く打率2位の.356を記録し、2本塁打12打点の大活躍を見せた。打線は来年もこの二人が主軸に座り威力を見せる。秋3勝0敗の4年生・小寺兼功投手の力は大きかったが、3年生の150キロ右腕・村西良太投手も2勝0敗で神宮大会進出に素晴らしい活躍を見せており、こちらも来年注目される。
近畿大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

関西学生リーグでは立命館大は辰己選手と山上大輔投手が抜けるが、投手では2年生の有村大誠投手が151キロを記録し秋は2勝0敗、防御率0.67で1位となっており、エースとして活躍が期待できる。156キロ右腕の福島滉貴投手が力を見せれば、全国屈指の投手となりそう。打線は辰己選手の穴は大きく、リーグ3位の打率を残した大本拓海選手の他に誰か選手が出てくるか。
立命館大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

関西学生リーグでは関西大は山本隆広投手と多田桐吾選手といった4年生の穴を埋める選手が出てくるか、3年生のサイドハンド・肥後皓介投手がカギか。関西学院大は1年生で147キロの速球を投げる左腕の黒川拓未投手が期待。同志社大は4年生が活躍できず秋は5位、実績のある溝田悠人投手と2年生で俊足の小川晃太朗選手の他に成長を見せる選手が出てくるか。
2019年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト

関西国際大はこの秋も7勝を挙げ、2年間でリーグ通算19勝を挙げている絶対的エースの武次春哉投手がおり、コントロール、変化球が良い左腕で、武次投手が故障をしなければ、関西国際大を全国に導いてくるだろう。リーグ首位打者で12打点を挙げた4年生の尾崎亨四郎選手の穴を埋めることができるか。
関西国際大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP