関西大の147キロ左腕・高野脩汰投手に8球団15人スカウト視察

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

関西大で最速147キロの速球を誇る左腕の高野脩汰投手に、この日も8球団15人のスカウトが視察に訪れた。

スポンサーリンク

144キロ

この日は、強豪の大阪商業大との練習試合に先発した高野脩汰投手は、初回に2点を失うと、「立ち上がりが良くなかったです」と話したが「後半には自分の思ったボールが投げられました」と話す通り、3回にはソロホームランを浴びたたものの、力のある球をを投げ、5回3安打3失点で投げ終えた。最速は144キロだった。

この日は8球団15人のスカウトが視察に訪れ、相変わらずの注目度の高さをうかがわせる。阪神は2人体制で視察をしたが、渡辺スカウトは「徐々に状態も良くなっていて、リーグ戦でも上がってくると思います」と評価をした。

昨年秋にMVPを獲得する4勝0敗の見事な投球を見せたが、その後、左ひじの痛みが出て、今年春には投げられてはいるものの、思うような投球はできておらず、コメントも反省が多かった。しかしこの日は、3失点はしているものの思うような球が投げられたようで、試合後には進路について「プロ1本です。春がなかったので、秋でしっかり抑えたい」と話すなど、進んでいく道が見えてきた感じだ。

大学生左腕では早大の早川隆久投手がドラフト1位指名確実で、トップは揺るがないが、全体的に左腕投手が少ない。高野投手が昨年のリーグ戦のような投球を見せれば、2番手に食い込んできてドラフト3位前後で指名されそうな位置に入ってくると思う。9月5日に開幕するリーグ戦での投球が注目される。

2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

初回の2失点に加え、三回にはソロを浴びたが「後半には自分の思ったボールが投げられました」と徐々に本来のピッチングを展開。この日の最速は144キロ。2人体制で視察した阪神の渡辺スカウトは「徐々に状態も良くなっていて、リーグ戦でも上がってくると思います」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント