2021年ドラフト候補で評価が急上昇するかもしれない選手〜大学生野手編〜

ドラフト候補リスト 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

2021年注目の大学生のドラフト候補~野手編~で、現時点で高く評価されている大学生投手を紹介したが、他にも秋までに評価が上がりそうな選手を紹介します。

スポンサーリンク

大学生野手

捕手では東農大北海道の古間木大登選手に期待。一昨年の冬の侍ジャパン大学代表候補合宿メンバーに選ばれるも、春の合宿メンバーには入れなかった。しかし2年時に見せた恵まれた体からの強い打撃と守備の安定感は注目されている。

内野手では東都2部の国士舘大・池田来翔選手、日大の峯村貴希選手が注目される。池田選手は習志野高校、峯村選手は木更津総合で千葉出身の注目選手。大学でも東都2部ながら1年生の春に峰みら選手が打率.476を記録し、千葉ロッテに指名された高部選手を越えて首位打者となると、池田選手も打率.354で4位となっている。池田選手は二塁手、峯村選手は遊撃手として、ともに昨秋の侍ジャパン大学代表候補合宿メンバーに入り(合宿は中止)、プロも注目している。

候補合宿メンバーには高知工科大の新宅真弥選手、福岡大の永江大樹選手も選ばれている。新宅選手は小柄な内野手だが1年春からレギュラーとして出場しており、リーグ戦では打率.444を記録するなどヒットを量産する。永江選手も昨秋に最多打点を記録し、リーグで遊撃手のベストナインに選ばれた。強い打撃も見せる遊撃手。

智弁学園で2年生の春に全国制覇を成し遂げた太田英毅選手は、高校時も強打の二塁手として注目された。東京六大学で特に目立った活躍はまだ出来ていないが、主将に就任しチームを引っ張る。強打を見せたい。九産大の森伊吹選手は大村工時に186cmの大型ショートとして注目された。大学でも1年時に打席で雰囲気を見せていたが、その後の成長した姿を見たい。

昨年、弟の秋広優人選手が巨人に指名された中央学院大の秋広涼太選手は、185cm85kgの左バッターで広角にヒットを打てる。同じく昨年のドラフトで横浜高校で注目された度会隆輝選手(ENEOS入り)の兄・度会基輝選手も中央学院大で、大学では首位打者2回、ベストナイン2回に輝いている。

外野手では大学代表候補に選ばれた国学院大の瀬戸成一郎選手、川村啓真選手のコンビは打撃がしっかりとしている。富士大の山城響選手はシャープなスイングで打球が伸びる。神奈川大の梶原昂希選手は恵まれた体があり、130mの特大弾を放つ他、100m走で11.7秒を記録する足に抜群の強肩があり、秋にかなり評価をされそうだ。

高校時代に注目された法政大の岡田悠希選手や慶応大の若林将平選手、早稲田大の鈴木萌斗選手、明治大の陶山勇軌選手など東京六大学の外野手も最終学年でのブレークを期待したい。

2021年注目の大学生のドラフト候補~野手編~
2021年の注目の大学生野手のドラフト指名予想をしてみます。
2021年のドラフト候補
2021年のドラフト候補選手一覧です。1月17日のスポーツ報知のリストを反映しました。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価サイトもご覧ください。
2021年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2021年の侍ジャパン大学代表候補合宿参加メンバーが発表された。合宿は12月4日から12月6日まで松山坊ちゃんスタジアムで行われる。
2021年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント