関学大の151キロ右腕・西隼人投手が6回1失点、プロ志望を名言

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

関西学院大で最速151キロの速球を投げて注目される西隼人投手が、プロ志望を明言した。

スポンサーリンク

6回1失点

この日の同志社大との1回戦で先発した西隼人投手は、この日最速148キロの速球を投げ、カットボールでフライアウトにとっていく。6回を投げて7安打2奪三振も1失点と結果を残した。

昨年、エースの左腕・黒原拓未投手が広島にドラフト1位で指名され、プロ野球でもリリーフとして投げている姿を見ている。西投手もテレビでその投球を観戦し、「昨日、黒原さんの投球をテレビで見ました。刺激をもらいました」と話す。

プロ志望を口にしており、この日もプロへの思いを話した。「四死球はなく、リズムもつくっていけたので、これから状態も上がってくる」と話し、これからも調子をあげていく。

まずは150キロの威力ある球で押し込む投球を見せ、アピールを続けたい。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【関西学生野球】プロ注目の関学大・西隼人6回1失点「刺激もらった」広島1位黒原の熱闘に発奮 - アマ野球 : 日刊スポーツ
最速151キロ右腕でプロ注目の関学大・西隼人投手(4年=福岡大大濠)は、1学年先輩で広島ドラフト1位黒原の力投に発奮した。先発して6回を7安打1失点。「四死球… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

前日8日の阪神戦(甲子園)に黒原が救援登板し、佐藤輝を空振り三振に仕留めるなど3者凡退だった。西は「昨日、黒原さんの投球をテレビで見ました。刺激をもらいました」と明かし、あらためてプロ志望を明言した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント