中日のドラフト当日のニュースまとめ!

中日ドラフトニュース

中日のドラフト当日のニュースをこちらでまとめます!新しいニュースが入り次第、記事を追加します。

中日は昨日の編成会議で東海大甲府・高橋周平選手の1位指名を決定したが、スポーツニッポンによると外れ1位では西川健太郎投手をリストアップしている。「思いも寄らぬ選手が残っているかもしれない」と中田部長が言うように他球団の1位指名も混沌としていて誰が外れ1位として残るのかがわからない。しかしそんな中で中日は西川投手を早くからマークし高い評価をしてきただけに獲得したい選手だろう。2位では順番が一番最後となり、阪神なども高く評価している選手なので残っている可能性は低い。獲得できるなら外れ1位という事になる。

またニッカンスポーツによると、隠し玉として昨年まで福井工大福井に留学していた韓国人の宋相勲投手を指名するということだ。宋投手は187cmの長身投手で142kmのストレートを投げる。中日は打撃センスを買っており野手として注目しているとのこと。ドラフト指名ができるかどうかについてはNPBに確認済みで障害は無い。

 - ” target=”_blank”>をご覧ください。

中日“超”隠し玉は韓国大型右腕 - ニッカンスポーツ・コム

中日が“超”隠し玉として韓国在住の宋相勲(ソン・サンフン)投手を指名することが26日、明らかになった。昨年まで日本の福井工大福井で韓国人留学生としてプレーした経験を持つ187センチの大型右腕だ。最速142キロを誇り、韓国のプロ球界も注目していたという。中日スカウト陣は打者としても高く評価している。球団関係者は「福井にいたときから注目していた。センスがある。ものが良いからしっかりと育ててみたいということです」と話した。すでにNPBには照会しており、指名に関しては支障はないという。 ニッカンスポーツ・コムをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント