福岡ソフトバンクがスカウト会議、1位候補に早大・有原航平投手、済美・安楽智大投手

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース スカウト会議 2014年ドラフトニュース

 福岡ソフトバンクはヤフオクドーム内の球団事務所でスカウト会議を開き、1位候補に1位候補に早大・有原航平投手、済美・安楽智大投手などをリストアップした。

上位指名候補は投手が多め

 この日は上位指名候補の絞り込みを行い、早大・有原航平投手、済美・安楽智大投手などをリストアップ、投手が多めにリストアップされているようだ。

 小川編成・育成部長は「逆指名制度はないので、1位指名選手の最終的な絞り込みはドラフト当日になる」と話した。昨年も福岡ソフトバンクはドラフト前日のスカウト会議で松井裕樹投手の指名を決めていた。

 

福岡ソフトバンクのドラフト

 福岡ソフトバンクは昨年はドラフト1位で松井裕樹投手、杉浦稔大投手指名したものの抽選で外し、JR九州の隠し玉・加治屋蓮投手を指名した。加治屋投手はケガにより今年1軍での登板はなかった。ドラフト2位の森唯斗投手はリリーフ投手として大活躍し、チームの優勝に大きく貢献したものの、先発投手は東浜巨投手も含めて2年連続で活躍は見せられていない。

 外国人やFAで獲得した中田投手などが踏ん張ったがエース・摂津投手に陰りが見え大隣投手も病気がある中で、昨年以上に先発投手の補強の必要が高まっているように思える。

 しかし昨年は内野手の指名は無く、今年のシーズンでは松田選手や本多選手が故障し苦しい場面も見られた。明石選手や吉村選手が穴を埋めたものの、次世代の選手も獲得しておきたい。また長年課題となっている自前の捕手の獲得の必要もある。

 ドラフト1位2位では先発型投手の獲得が必要となりそうで、1位では有原航平投手や安楽智大投手、2位では浜田智博投手など左腕の獲得を目指したい。ただし2位は指名順は一番最後となるため、先発投手候補残っている可能性は少ない。

 従って先発投手については昨年同様にFAで獲得を目指し、ドラフト2位では捕手や内野手の指名となりそうだ。

ドラフト上位候補に済美・安楽ら 西日本スポーツ紙面 2014/10/5

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント