千葉ロッテの2019年ドラフト指名選手:担当スカウトとその評価など

千葉ロッテのドラフト会議指名選手の、担当スカウトによる評価、詳細です。

1位・佐々木朗希 大船渡高 投手 190cm85kg 右右

担当スカウト:柳沼強

スカウトの評価:ワールドクラスで無限大の可能性を秘めた大型右腕。将来、日本を代表する先発投手になれる逸材。長身から投げ下ろす角度ある直球は超一級品。スピードはもちろん、低めに集められる制球力の高さも魅力。カーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークと球種も多彩で精度も非常に高い。

紹介:最速は163キロで、力を入れて投げた時の投球は最低でも150キロ台を記録するスバ抜けたピッチング。またスライダー、チェンジアップ、スプリットを投げ、スプリットは140キロ台、スライダーでも140キロ中盤を記録する。そしてそれらの球を全てコントロールよく決めることができ、制球で苦労するところを全く見せない。

2位・佐藤都志也 東洋大 捕手 181cm83kg 右右

担当スカウト:福澤洋一

スカウトの評価:身体能力の高い捕手。地肩の強さがある。ミート力のある打撃も特徴で広角に強い打球が打てるアベレージタイプ。走攻守高いレベルで三拍子揃った選手でもある。

紹介:大学代表の常連で3年、4年に連続で選出される。本来は捕手だが、代表では外野、一塁を守り、3年時のU18壮行試合ではライトからサードへレーザービームを見せて刺した。打撃については無駄がなく腰を据えてしっかりととられられ、長打も力を入れて飛ばすのではなく、ゆったりと飛ばす。50m5.9秒の足もあり、まさに三拍子そろった選手。

3位・高部瑛斗 国士舘大 外野手 178cm72kg 右左

担当スカウト:福澤洋一

スカウトの評価:ガッツ溢れる外野手。パワー、スピードがあり、バットコントロールが光る。野球に100%情熱を注げる選手で将来の切り込み隊長候補。

紹介:東都2部で129安打を打って記録を更新した。柔らかい打撃が魅力で、50m5.9秒の足でもヒットを稼げる。肩もまずまずあり外野のレギュラーとして活躍できる選手。

4位・横山陸人 専大松戸高 投手 179cm76kg 右右

担当スカウト:榎康弘

スカウトの評価:球速あるサイドスロー。力強い直球は球速、球威があり打者を押し込める。メンタルも強い。右、左関係なく強気にインサイドを投げ分けることが出来る。夏の大会予選ではZOZOマリンスタジアムでMAX148キロを計測。まだまだ伸びる逸材。

紹介:3年二なり球速が140キロ中盤になると、外角にストレートとスライダーを投げ、面白いように三振を奪った。夏には最速が148キロを記録すさらにストレートが充実させると、カーブを使って緩急の幅も広げた。

5位・福田光輝 法政大 内野手 176cm80kg 右左

担当スカウト:下敷領悠太

スカウトの評価:守備力が高く、スイング力もあり総合的な能力を持った選手。ガッツもありチームを引っ張れる選手。思い切りのよいスイングを広角に打てるのが特徴で、肩も強くスローイングは安定している。将来のレギュラー候補。

紹介:大阪桐蔭時代では4度の甲子園に出場し、安定した内野守備が評価された。法政大では徐々にバットの振りが強くなり、4年春に2本塁打に打率。354、秋も3割中盤を打っている。

育成1位・本前郁也 北翔大 投手 175cm76kg 左左

担当スカウト:榎康弘

スカウトの評価:力感のないフォームからキレのいいストレート、変化球を投げ分ける投手。右打者のインコースに入るクロスファイヤーは見ごたえ十分。動作解析で自分のフォームを研究するなどクレバーな部分もある。近い将来、支配下登録されることが期待される。

紹介:上背はないものの、遠投115mと地肩が強く、最速149キロのストレートを投げる。速球に頼らずテンポよく打たせて取るピッチングを見せる。

育成2位・植田将太 慶応義塾大 捕手 180cm83kg 右右

担当スカウト:下敷領悠太

スカウトの評価:地肩の強さ、下半身の柔軟性のある大型捕手。いつも全力プレーで投手を引っ張る。思い切りが良くパワーがある。キャッチング技術も高く投手陣からの信頼は絶大であることも評価点。近い将来、支配下登録となり一軍で活躍することが期待される。

紹介:慶大投手陣の150キロクラスの球を受け続けて、キャッチングなどの技術が高まった。郡司選手がいたためリーグ戦の出場はわずかだが、オープン戦などで強い打撃を見せていた。


PAGE TOP