阪神、ドラフト外れ1位候補、2位候補に捕手指名、花咲徳栄・若月健矢捕手をリストアップ

若月健矢, 花咲徳栄

 阪神はドラフト会議の外れ1位や2位で捕手の指名を目指している事がスポーツ報知の調べで分かった。

 阪神はドラフト1位で即戦力右腕投手の指名を決め、九共大・大瀬良大地投手やJR東日本・吉田一将投手を指名する。ただし捕手についても球団関係者が「捕手はどうしても補強しておきたいポジション。他球団の動向にもよるが、さまざまな選択肢を考えていかないといけない」と話し、確実に指名したいポジションとして挙げている。

 元々阪神は捕手の指名を補強ポイントとし、大阪桐蔭の森友哉捕手を中心にリストアップをしている。チーム事情からドラフト1位は投手となり、森友哉選手は阪神の2位までは残っていないと想定している。そこでその他の候補として18Uで森友哉選手の控え捕手だった花咲徳栄・若月健矢捕手に対し球団関係者が「体のサイズや守備面は森をしのぐ能力がある」と評価しているとのこと。

 若月捕手は昨年秋の関東大会で2試合連続ホームランを放つと、センバツ大会でも甲子園でホームランを放ち、今年春の関東大会では松井裕樹投手から2安打を記録するなど打撃面で実績を見せるほか、捕手としても強肩と、関口明大投手を言葉で励まして復活登板をさせるなどリード面でも頼れる選手だ。

 阪神は昨年のシーズンで藤井捕手がケガで抜けると捕手不足が露呈しBクラスに沈んだ。今年はFAで日高選手を獲得し、ドラフト会議で小豆畑眞也捕手を指名したが、若手で打てる捕手を育てて長い間捕手を任せられれば今後の戦力補強が楽になる。今年は若月捕手のほかに、常総学院の内田靖人選手、帝京の石川亮捕手と高校生捕手の候補が比較的多く一人は指名するだろう。ただし2位か3位でこれらの捕手を指名できる事を前提に、ドラフト1位は外れ1位も含めて投手の指名でいくのではないかと思う。ただし外れ1位でも抽選を外すなどした時には、森友哉選手が残っていた場合には指名するかもしれない。

  阪神が24日のドラフト会議で花咲徳栄高・若月健矢捕手(18)を上位候補にリストアップしていることが6日、分かった。1位でJR東日本・吉田一将投手(24)、九州共立大・大瀬良大地投手(22)を軸にした即戦力右腕の獲得を目指し、外れ1位もしくは2位で大型捕手に狙いを定める。

 生え抜きの扇の要に、ふさわしい逸材が見つかった。「捕手はどうしても補強しておきたいポジション。他球団の動向にもよるが、さまざまな選択肢を考えていかないといけない」と球団首脳は戦略の一端を明かした。

 阪神は昨年から藤浪の女房役でもある大阪桐蔭高・森友哉捕手(18)を1位候補に挙げるなど、密着マークを続けてきた。だが、森友は他球団に1位で奪われるケースを想定。そんな中で「体のサイズ(身長178センチ)や守備面は森をしのぐ能力がある」と、スカウト陣も高く評価する若月が急浮上してきた。


PAGE TOP