前橋育英・皆川喬涼投手が149キロ、急成長に4球団スカウト評価も急上昇

前橋育英, 皆川喬涼

高校野球群馬大会では、前橋育英のプロ注目右腕・皆川喬涼投手が146キロの自己最速を149キロまで伸ばした。千葉ロッテなど4球団のスカウトの評価も急上昇している。

エースの座

皆川喬涼投手はこの日、3回に、147キロ、148キロを記録し、そして外角に外れたものの149キロを記録した。スタンドからも驚きの声が挙がったが、皆川投手は「出そうな感じはしていた。周りがおおっとなっているのを感じた」と話した。

この日は先発して5回1安打無失点に抑えた。皆川投手は2回戦、3回戦とここまで3試合すべてに先発し、3試合とも5回までを投げている。許したヒットは2回戦で2安打、3回戦で1安打、そしてこの日も1安打と、15回を投げて4安打に抑えている。

前橋育英には4人の140キロ投手がいるが、これまでは吉沢悠投手、丸山和郁投手、根岸崇裕投手が背番号1をつけてきた。そしてこの夏は皆川投手が背番号1を背負う。荒井監督は「4人変わったのは初めて」と話すが、「春から一番安定感があった」と皆川投手に夏のエース番号を贈った。エースの背番号争いが皆川投手を成長させ、エースの背番号を実際に背負う事で、さらに成長している。

千葉ロッテ評価

この日は千葉ロッテなど4球団のスカウトが視察した。千葉ロッテの諸積スカウトは「真っすぐの力強さが魅力。青藍泰斗の石川君と勝負できる。石川、山上、皆川の北関東3人衆は凄く楽しみだね」と話した。

青藍泰斗の石川翔投手は先日151キロを記録し、「ドラフト1位」の評価を得ている。また常磐の山上信吾投手は同じ群馬で146キロの速球を投げ、県NO.1投手と呼び声高い。その二人と並ぶ評価を得た皆川投手、プロ志望をすれば、早い段階で名前を呼ばれそうな選手になってきた。

皆川投手は「エースとしてチームを勝たせたい。150キロも出したい」と話した。準々決勝では、その山上投手と対戦する。まずは群馬NO.1をかけた投げ合いを見せる。

前橋育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2017年度-高校生-群馬県のドラフト候補リスト
2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

前橋育英(群馬)・皆川の投球に、バックネット裏の4球団のスカウトの目が集まる。ロッテの諸積兼司スカウトはうなった。「真っすぐの力強さが魅力。青藍泰斗の石川君と勝負できる。石川、山上、皆川の北関東3人衆は凄く楽しみだね」。栃木大会で脚光を浴びる最速151キロの石川、同じ群馬でピカイチ評価の常磐・山上に、存在感で肩を並べた。

ネット裏では4球団が視察。ロッテ・諸積スカウトは「青藍泰斗の石川に引けをとらない」と、世代トップクラスと評される栃木の剛腕を引き合いに出し、大絶賛。背番号「8」で臨んだセンバツは2イニングのみの登板。「150キロ? それは出してみたい」。


PAGE TOP