常磐・山上信吾投手は3回1/3を1安打無失点、中日スカウト部長が評価

常磐高, 山上信吾

高校野球群馬大会では、常磐高校が前橋工に3-1で4回戦を勝ち上がった。146キロ右腕の山上信吾投手が投打に活躍を見せ、中日スカウト部長が評価をした。

好救援と決勝弾

山上信吾投手はこの日、5番ライトで先発出場すると、6回に先制となる3ランホームランを放った。そしてその裏、2アウト3塁のピンチにマウンドに上ると、最速145キロを記録した速球で、3回1/3を1安打1四球で無失点に抑えた。

山上投手は投打の活躍に「自信になった」と話した。今大会は、初戦でリリーフ登板するも制球を乱し1/3回で降板、続く3回戦は先発をしたものの6回を投げて5安打で3失点をしている。この試合でようやく抑えることができた。

この試合には中日の中田スカウト部長が視察し、「角度と腕のスイングがしっかりしている。こんなに体を大きく使える投手は、最近いない」と評価した。

183cmの身体があり、バランスも良く安定したフォームがある。まだ実績として出ていないものの、プロでは本格派右腕となってそうなイメージができる将来性の高い投手だと思う。

2017年度-高校生-群馬県のドラフト候補リスト

 常磐(群馬)の146キロ右腕・山上が投打にわたる活躍だ。6回に先制3ラン。投げても救援で3回1/3を1安打1四球で無失点に封じ、「自信になった」と手応えを得ていた。


PAGE TOP