健大高崎・高山遼太郎選手がサイクルヒット、通算34号の特大ホームランも

健大高崎, 高山遼太郎

健大高崎の4番・高山遼太郎選手が、高校通算34号となる特大のホームランを放つと、勢いにのりサイクルヒットを記録した。

父は広島のスカウト

健大高崎の高山遼太郎選手はこの日、1回2アウト2塁の場面で打席に入ると、バックスクリーン右の電光掲示板を直撃するホームランを見せ、青柳監督も「あんなの見たことない」と驚きを隠せない特大のホームランを放った。これで高校通算は34号となった。

また、第2打席は左中間への2ベース、第3打席はセンター前ヒット、そして第5打席に3ベースヒットを打ち、サイクル安打を記録した。「まったく知らなかったのですが、素直にうれしい」と話した。

高山選手の父は、Hondaから広島に1995年のドラフト5位で入団した高山健一氏、西武などでプレーをし、現在は広島のスカウトを務めている。父について遼太郎選手は、「多分、ほかの高校生を見に行っていると思います」と話して笑ったが、高山選手の名前も、広島カープのスカウト会議で名前が挙がってくる選手になってきた。

健大高崎では長距離砲の山下航汰選手も注目され、強打の健大高崎として夏は注目されそうだ。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
健康福祉大高崎高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

いきなり観客の度肝を抜いた。1回表2死二塁からバックスクリーン横の電光掲示板を直撃する2ラン。青柳博文監督(46)が「あんなの見たことない」と驚いた1発を皮切りに第2打席は左中間へ二塁打、第3打席は中前打。最も難しい三塁打が残ったが第5打席で快挙を達成し、試合後は「まったく知らなかったのですが、素直にうれしい」と、はにかんだ。

 父・健一さん(46)は広島、西武でプレーし、現在は広島のスカウトを務める。この日は仕事のため、長男の偉業を見ることはできなかった。息子は「多分、ほかの高校生を見に行っていると思います」と笑う。


PAGE TOP