U18代表の馬淵監督「ベストメンバー」目指す

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

この日、サヨナラ勝利を収めた明徳義塾の馬淵監督は、12月に延期とされているU18アジア選手権に向けた選手選考のため、甲子園交流戦を17日まで視察する。

スポンサーリンク

当然、ベストメンバーで

サヨナラ勝利から明け、馬淵監督はこの日からはU18代表監督として、甲子園交流戦に出場する選手のチェックを行う。

台湾で開催されるU18アジア選手権は、当初は甲子園大会終了後の9月に行われる予定だったが、現時点で12月に延期されている。まだ開催は未定だが、開催された時のために、代表選考のため、交流戦を最終日まで視察する。

馬淵監督は「当然ベストメンバーで」と話し、12月の開催で2年生が中心になるとも言われるが、この世代のベストメンバーを選ぶと話した。

12月だと、3年生はすでにドラフト会議で指名され、プロとの契約をしている時期となる。プロキャンプまで1か月強となる時期に行われるこの大会は、プロ側にとっては戦々恐々という所かもしれないが、それでもU18代表で日の丸をつけたいという選手は少なくないだろう。

開催されるかどうか、またどのような選考となるか注目したい。

U18代表予想(2020年2月時点)
今年の侍ジャパンU18代表を予想してみる。

出場予定のU18アジア選手権(台湾・高雄市)は新型コロナの影響で9月から12月に延期され、開催も未定のままだが「当然ベストメンバーで」と代表候補を選ぶ作業を続けていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント