来年ドラフト候補の関東第一・市川祐投手が9回完投も7失点で敗戦

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

最速143キロの速球を投げる本格派右腕、関東第一の市川祐投手が、東海大菅生線で9回完投も7失点を喫した。

スポンサーリンク

腰に炎症

市川祐投手は、184cm82kgの右腕投手で、最速143キロの速球に伸びがあり、本格派右腕として来年のドラフト候補として成長が期待される。

この日の秋季高校野球東京大会準決勝では、東海大菅生を相手に先発をすると、2回にヒット6本を許して3失点し、3回に味方が同点に追いつくと、3回から7回まではノーヒットの好投を見せたものの、8回に3安打などで2失点、9回にも犠牲フライで1点を許し、5-7で敗れ、センバツ出場は厳しくなった。

9回9安打7奪三振7失点、市川投手は「ブロック予選前に腰に炎症があり、走り込みができなかった。トレーナーとも相談して投げることは問題ないが、積み重ねたものがなくてキレがなかった」と話し、今大会は本調子ではなかった。

それでも、3回から7回まではテンポの良い投球でノーヒットを続けるなど良い部分も見せた。来年に向けて、間違いなく楽しみな投手だろう。この日は2四球1死球と制球も悪くないのだが、8回、9回は共にその四球から失点をしている。「粘ろうとしたが悔しい。制球力をもっと上げてリベンジしたい」と話し、四球で隙を与えたり、ランナーを背負っても粘れる投球を目指す。

また、このレベルになると、市川投手のストレートは質が良いものの、捉えられてくる。最速143キロのストレートは、平均で140キロくらい、最速で140キロ後半には持ってきたい所だ。

2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年のドラフト候補
2021年のドラフト候補選手一覧です。ドラフト会議翌日に反映します。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価サイトもご覧ください。

また、市川については「ブロック予選前に腰に炎症があり、走り込みができなかった。トレーナーとも相談して投げることは問題ないが、積み重ねたものがなくてキレがなかった」と明かした。

東海大菅生が待っていたのは、市川が自信を持つ直球だった。ランナーが出たら真っすぐが増えるという情報を共有していた打撃陣は、好球必打で若いカウントからスイングしていった。「真っすぐを狙われていました。切れ自体も良くなかったのですが…」と市川は2回のマウンドを振り返った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント