北海・木村大成投手が147球力投で決勝進出、日本ハムなど7球団が視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

夏の高校野球南北海道大会では、準決勝で北海の150キロ左腕・木村大成投手が147球の力投を見せ、決勝進出を決めた。

スポンサーリンク

145キロ

この日は疲れや暑さもあり、最速は日本ハムのスカウトが計測した145キロだった。147球を投げて10安打5失点と苦しんだものの完投し、6-5で接戦に勝利した。

北海道栄の粘りもあり、3度、同点に追いつかれた。しかし、3回以降は勝ち越しは許さずに試合を優位に進めることができた。7回には「上体が前に突っ込んでいたので」と左肩を下げてバランスを変えて投げると、9回には左ふくらはぎがつるなど苦しい場面もあったが、最後まで投げきった。「147球も足がつったのも今季初。修正しながら投げ切れたのは良かった」と話した。

この日は前出の北海道日本ハム・白井スカウトなど、7球団のスカウトが視察をした。体力的に万全ではないため、この日の投球でのコメントはなかったが、担当スカウトは、木村投手は甲子園に出場し、体調を整えて登板する初戦の投球を球団首脳クラスに見てもらいたいと思っていることだろう。

甲子園まであと1勝、木村投手の夢を叶う場所にもう一度立ちたい。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・南北海道大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球、南北海道大会は北海の148キロ左腕・木村大成投手を中心に宮下朝陽選手、大津綾也捕手、札幌日大の前川佳央投手もプロが注目する楽しみな選手。更に将来性も含めて期待される選手が多く、ドラフト注目度はB。

北海・木村が苦しみながらもチームを決勝戦に導いた。NPB7球団のスカウトが視察する中、10安打5失点の完投。日本ハム白井スカウトのスピードガンで最速145キロと、自己最速には5キロ及ばなかったが、体を張って147球を投げ抜いた。勝利の瞬間、笑顔はなし。ふっと強く息を吐き出し「まだゴールじゃない。喜ぶところじゃない」と強い口調で話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント