センバツに向けて、瀬戸内高の注目選手たち

瀬戸内高, 門叶直己, 名原典彦, 新保利於

センバツに出場するチームの、注目選手を、個人的に注目したい選手1位から3位まで紹介します。今回は瀬戸内高校。

瀬戸内高の注目選手

門叶直己選手は昨年秋の中国大会で1試合4本塁打を打ち、一気に話題となった。大きな体があり、4本とも特大の当たりで、飛ばす力に優れている。続く試合ではセンター方向に3安打と、確実性もある。ただ、打撃や守備では粗さもあり、その点をプロのスカウトがどう判断するか。

名原典彦選手は強肩俊足の外野手で、1番バッターとして昨年秋は打率.381を記録、182cm79kgと体もある選手で見栄えがある。走り方やバットコントロールなどに注目したい選手。

3番目には新保利於選手を挙げる。178cmの遊撃手で2番を務める。しなやかな動きがあり、一歩目のスタートからスムーズな入り方をする。肩も強く、深い所からの送球にも注目したい。

チーム

捕手の東大翔選手も秋に打率.486、20打点を挙げる選手で、セカンドへのスローイングも速い選手だという。投手はエースの浴本投手、控えの180cm右腕・山根彗生投手、山崎誠投手とも130キロ後半を記録し、力がある。門叶選手の打撃だけではないチームだ。

瀬戸内高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP