高校野球北埼玉大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

渡部太陽, 野村佑希, 井上朋也, 中田優斗, 岩崎海斗, 韮澤雄也, 橋本吏功, 米山魁乙, 坂本和也

夏の高校野球北埼玉大会の組み合わせが6月20日に決まった。7月7日に開幕する。

昨年は、花咲徳栄が夏の甲子園優勝し、西川愛也選手が埼玉西武のドラフト2位で、清水達也投手が中日のドラフト4位で指名され、夏の覇者の貫禄を見せた。今年は南北に分かれる埼玉県、北埼玉は花咲徳栄に注目選手がいるが、全体的に候補選手は多くなく、ドラフト注目度はB

地区

昨年夏は花咲徳栄が埼玉大会決勝で浦和学院に5-2で優勝し、甲子園でも優勝を収めた。秋は花咲徳栄が優勝、市川越が準優勝、北埼玉のチームでは上尾がベスト4入りしている。この春は浦和学院が優勝し花咲徳栄は準優勝、ベスト4に北埼玉は1チームだけだった。

花咲徳栄とともに私学の強豪を一角の春日部共栄、それに上尾、本庄一など公立校も力がある。

注目選手

花咲徳栄の野村佑希選手は、高校通算55本塁打でスラッガータイプの高校生では今年トップの選手と言ってよい。また投げても146キロの速球を投げ、投手としてもマウンドに上がる。打っても大きくアクションは取らず、筒香選手のような器を感じさせる選手で、プロのスカウトも昨年の時点で、今年は清宮、来年は野村、と話していた。

その他の注目選手

花咲徳栄では昨年の綱脇投手、清水投手のようなプロ注目投手が抜け、投手が課題と言われていたが、素質ある投手がそろっている。中田優斗投手は186cmから140キロの速球を投げ、2年生の岩崎海斗投手も140キロに到達し力をつけてきている。野手では2年生のショート・韮澤雄也選手がまずは守備で見せていたが、打撃でもパワーがついてきて来年の注目選手になりそう。橋本吏功選手も50m5.8秒に遠投110mの強肩のアスリート選手、そして1年生の井上朋也選手もすでに7本塁打を打っており、ポスト野村の資格十分。

対する春日部共栄は、100回大会を見据えて優秀な選手が入っていた。渡部太陽投手は187cmの長身左腕でU15代表の選手だった。埼玉の注目選手になると期待されていたがここまで伸び悩みを見せていた。しかし最後の夏に向けて伸びてきているという事で、投球、そしてパワーある打撃が注目される。

昌平の2年生・米山魁乙投手は176cmだが角度のある140キロの速球がよく、カーブ、スライダーをうまく使って試合を作る力がある。桶川高校の小向直樹投手は1年生で130キロを超えていた180cm右腕、叡明の坂本和也選手も1年時からレギュラーとして起用されてきた内野手で180cmの体格がある。

優勝予想

戦力を見ても、昨年に比べるとやはり投手にやや不安があるものの、花咲徳栄が春日部共栄や本庄一、上尾などから頭一つ出ている印象。同じブロックにいる春日部東や伊奈学園総合、白岡や叡明、滑川総合が花咲徳栄に食い下がれるか、そして逆のブロックに上尾、春日部共栄、栄北、本庄一、昌平がおり、花咲徳栄を倒す勢いをつけて勝ち上がってくるか。

2018年度以降-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト


PAGE TOP