高校野球西東京大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度A

野村大樹, 日置航, 片山昂星, 勝又温史, 石井峻太, 井上広輝, 中村奎太, 飯村昇大, 雪山幹太, 草薙柊太, 広沢優, 佐藤コビィチニボア, 吉岡桃汰, 平野将伍, 岸川智哉, 浪川広之, 佐藤孝則, 高野雄貴, 田中幹也, 戸谷光輝, 三津田達也, 石岡舜涼, 中村陸人, 菊地郁也, 金子凌

夏の高校野球西東京大会が7月7日に開幕する。

昨年は、早稲田実・清宮幸太郎選手が7球団から1位指名され北海道日本ハムに入団した。また清宮選手のライバルとして活躍した日大三の櫻井周斗投手も横浜DeNAのドラフト5位で指名され、金成麗生(トヨタ自動車)も注目された。

今年も清宮選手と共に活躍した野村選手が進路が注目されるほか、152キロを記録する投手など注目選手が多く、ドラフト注目度はA

地区

昨年は東海大菅生が早稲田実に勝利し、甲子園に出場をした。秋の都大会は日大三が優勝し、ベスト4には佼成学園、国士舘が入っている。またこの春も日大三が優勝、ベスト4には国士館、早稲田実、創価が入り、西東京のチームが占めた。

この他にも八王子、国学院久我山、日大二、日大鶴ケ丘、桜美林、駒大高や、片倉、東大和など強豪がひしめき、東東京を圧倒する勢いがある。

注目選手

早稲田実の野村大樹選手は、昨年から捕手に転向しホームラン数の伸びがやや鈍化したが、この春は再び加速しホームランを量産した。あまり話題にならないには、体がそれほど大きくない事や、早稲田大進学の可能性などがあるからだと思われるが、長打力、勝負強い打撃などは今年の高校生野手の中で、トップクラスの選手で間違いない。U18には呼んでほしかった選手で、甲子園で活躍をして侍ジャパンのユニフォームを着てほしい。

日大鶴ケ丘の勝又温史投手は、2年時に147キロを投げる投手がいると注目されたが、この春、夏でさらに成長し球速は152キロ、変化球も低めに投げられるようになりプロの評価も高い。また打撃でもパワーがありホームランを放つ。体の中にある瞬発力がものすごそうな選手だ。

その他の注目選手

日大三は今年も戦力が充実、中村奎太選手は投げてもキレの良い140キロ超の球があり、また外野を守っても動きが良く、打撃も勢いを感じさせる。どれをとっても良い選手といえる選手。日置航選手はショートを2年時から守り、打撃でも高い打率を残す。センスに頼る所があり、もっと体作りもしてほしかったが、将来に期待したい。春にヒットを打ちまくった金子凌選手、長打力のある184cmの佐藤コビィチニボア選手、左の主砲・飯村昇大選手、大塚晃平選手なども打撃が良い。

投手では、東大和南の吉岡桃汰投手が注目される。球速は140キロを超え、この春は1次予選で1試合22奪三振を記録、1回戦でも16d津三信とドクターKといえるピッチングを見せた。この夏は一気にブレークしそうだ。国士舘の草薙柊太投手が147キロの速球を投げる左腕として注目される。ただし、勝又投手のような成長の勢いのようなものが欲しい所。国士舘では石井峻太投手も179cmから130キロ後半の速球を投げる。

早稲田実の雪山幹太投手は、チーム事情により投手となったが、投手としても本格化している。野手、捕手としての能力も高く将来性が高い。創価高校の菊地郁也投手は143キロの速球を投げ安定感がある。佼成学園の中村陸人投手も1年時から投げている左腕で130キロ後半を記録する。

東海大菅生の石岡舜涼投手は145キロを記録する右腕、国学院久我山の三津田達也選手は代打などで打撃で期待されるも、投げても140キロを記録する。日大二の戸谷光輝投手は190cmの大型右腕でポテンシャルの高い投手として注目。

野手では東海大菅生の片山昂星選手が元々あったパワーがさらに増し、東京屈指のスラッガーに、また抜群の足と守備の技術を持つ田中幹也選手は、流れるような体の動きが見事で、とにかく見ていて楽しい選手。

日大二の高野雄貴選手は高校通算20本塁打のパンチ力があり、国学院久我山の佐藤孝則選手も182cm98kgの大きな体があり、楽にスタンドに運ぶ。創価の浪川広之選手も172cm82kgで体重を乗せて長打を打てる。佼成学園の岸川智哉選手は185cmの大型選手だが、足が使えて身体能力の高さを見せる。

2年生では日大三の井上広輝投手がU18代表候補にも選出され、来年のドラフト上位候補として注目される他、190cmから142キロの球を投げる広沢優投手、187cmから140キロの速球を投げる平野将伍投手などがいて半端ない。早稲田実も清宮効果もあって茅野真太郎選手、江本達彦選手など良い選手がおり、成長をしている。

優勝予想

日大三が3年生、2年生に注目選手がそろい、戦力は非常に分厚く、優勝候補筆頭。早稲田実も人気校に清宮効果もあり素質の高い選手がそろっている。国士舘は左腕3枚がおり、東海大菅生、佼成学園が日大三を追いかける。また、東大和南は都立が勢いづくと応援の声も大きくなり、一気に行くこともある。吉岡投手の快進撃にも注目したい。

2018年度以降-高校生-東京都のドラフト候補リスト


PAGE TOP