高校野球西兵庫大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

勝本樹, 山中勇人, 藤本竜輝, 福山誠太, 千石尚史, 西山大貴, 直井亨太, 平岡佑梧, 古川愛斗, 清水一希, 高垣露稀, 藤尾樹, 来田涼斗, 右田治信, 中森俊介, 加田悠真, 松本拓馬, 福谷航太

夏の高校野球西兵庫大会が7月7日に開幕する。

昨年は滝川二の高松渡選手が中日のドラフト3位で、市西宮の山本拓実投手が同じく中日のドラフト6位で指名され、三田松聖の稲富宏樹捕手がオリックスの育成ドラフト1位で、神戸弘陵の東晃平投手が同じく育成ドラフト2位でオリックスに指名された。例年多くの選手が注目される。

今年は東西に分かれる兵庫、西兵庫は明石商の能力の高い選手が集まり、注目選手の数は多い。ドラフト注目度はB。

地区

昨年夏は東の神戸国際大付が優勝、準優勝は西の明石商だった。そして新チームの秋は明石商が優勝し、準優勝も西の西脇工、そして春も明石商が優勝し、西脇工がベスト4に入った。

他には社、三田松聖、東洋大姫路、加古川東、東播工、洲本、などがこちら側から甲子園出場を目指す。

注目選手

明石商の勝本樹投手は191cm85kgから最速145キロを記録する。入学後に野手に転向をしており、投手に戻ったのは2月の冬から。まだ圧巻の投球を見せるほどの完成度はないものの、粘って抑えていくところまで成長をした。

その他の注目選手

明石商に素晴らしい選手が集まる。福谷航太投手は183cmの右腕で139キロの速球を投げる本格派、松本拓馬投手も185cmの右腕で、春に大阪桐蔭戦でり利府登板し、4回無失点の好投をして力を見せた。加田悠真投手は左腕でキレの良い変化球を投げる。そして1年生の中森俊介投手は181cmの右腕で最速はすでに143キロを記録、近畿大会1回戦の大阪桐蔭戦で先発するなど期待の投手。野手でも右田治信選手が強いスイングでさく越えの当たりを見せる選手だが、1年生の来田涼斗選手は入学してすぐに1番に入り、打撃、足そして守備ですべてに高いレベルのプレーを見せた。

社の藤尾樹投手は185cmの左腕で球速は140キロを記録、潜在能力が高い。三田松聖の高垣露稀投手はチェンジアップがよく、130キロ後半のストレートとで緩急で勝負できる右腕、姫路工の水谷倖志投手は135キロの勢いのある球を投げる。

三田学園の清水一希投手は178cmの右腕で130キロ後半のキレの良い球を投げ、徳重典次郎投手はテンポよく、しかもインコースにしっかりと投げ込んできて打ちにくい。東播工の古川愛斗投手は172cm58kgと細いが130キロ後半の速球に、スライダー、チェンジアップもキレも良い。津名高校の平岡佑梧投手はサイドハンドから力のあるストレートを投げ、球威で押してくるピッチングを見せる。

打者では三田松聖の直井亨太選手は177cmの左打者で、高校通算20本塁打を打つ三塁手、西脇工の西山大貴選手は、素晴らしい打撃フォームがあり、柔らかく左右にはじき返す。捕手としてもしなやかなプレーで正確な送球を見せる。千石尚史選手はショートで堅実なプレーを見せ、見る人の目を奪う。洲本の福山誠太選手は182cm108kgの巨漢で豪快なホームランを放つ。

下級生では社高校の藤本竜輝選手が180cmの右腕ですでに144キロを記録、まだ抑え込むほどの完成度でなく、粘って抑えるスタイルだが、さらに力がつけば、1段階上のピッチングを見せられる。西脇工の山中勇人投手は体重の乗った137キロの速球で、こちらも粘りながら完封も見せる。東洋大姫路の2年生・小林彪希選手も身体能力の高い選手とのこと。

優勝予想

秋・春の実績から見ても、また3年生だけでなく2年生、1年生を含めた選手層の厚さをみても、明石商が抜け出ている印象。公立校でこんな補強ができるのは驚き。

組み合わせを見てもベスト8までは固そうな雰囲気もある。対抗馬一番手の西脇工が明石商を止められるか。

2018年度以降-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト


PAGE TOP