高校野球福井大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

石川雅晴, 杉森圭輔, 山本隆広, 高原侑希, 黒田悠斗, 木下元秀, 小林勇, 玉村昇悟, 山内佑真選, 阪口竜暉, 黒田響生, 水町和葵, 松村望, 猪奥理希, 斉川隼大, 服部雅大, 岸本祐満, 加藤実里, 小林未来, 山田祐生, 帰山賢也, 山崎晃輝, 武盛智樹, 上ノ山倫太朗

夏の高校野球福井大会が7月14日に開幕します。

昨年は啓新の牧丈一郎投手が阪神のドラフト6位で指名され、福井商、敦賀気比、福井工大福井からも注目される選手がいた。

今年は、捕手にプロ注目選手がおり、来年も楽しみな選手がいるので、ドラフト注目度はB。

地区

昨年は坂井が敦賀に3-0で勝利して甲子園出場を決めた。秋の新チームでは金津が優勝、準優勝に坂井、ベスト4に福井工大福井と北陸が入った。センバツ出場チームは無し。

春は坂井が優勝、福井商が準優勝、福井工大福井と啓新がベスト4に入った。

他にも敦賀気比、鯖江、丹生などが甲子園出場を争う。

注目選手

坂井高校の石川雅晴選手は178cm84kgの捕手で、セカンドまで1.82秒の強肩と、テンポよく投手をリードしていく姿にプロが高い評価をしており、ドラフト会議での指名が予想される選手。打撃で結果を残し、甲子園で活躍でも見せれば、一気に評価は上がりそうだ。

その他の注目選手

投手では啓新の上ノ山倫太朗投手がNO.1の評価、176cmの左腕投手で球速は144キロを記録、打者としても高い能力を見せており、どちらで伸びていく選手かも注目したい。福井工大福井の武盛智樹投手は165cmの右サイドハンドで、139キロの力のある球を投げ込む。山崎晃輝投手は右の本格派タイプで142キロの速球を投げる。

坂井高校の帰山賢也投手は石川捕手のリードとぴったりのテンポで、腕のがしなって投げられる事でバッターも打ちづらく空振りを奪える。啓新の山田祐生投手も控え投手ながらキレの良い134キロの球を投げる左腕投手。小林未来投手も180cmの右腕で高い能力を持っているという。福井商の加藤実里投手は130キロ中盤の速球とスライダーを投げ、春は啓新を1点に抑えた。

若狭高校の岸本祐満投手は187cmの大型右腕、球速はもう少しだが潜在能力に期待したい。福井高専の服部雅大投手は172cm78kgの体から140キロを越す速球を投げるという。また春優勝の金津は斉川隼大投手が伸びのある球を投げる左腕で、強豪も抑える力がある。

野手では、福井工大福井の猪奥理希選手は50m5.8秒の俊足があり、外野手の正面以外のゴロは2ベースにしてしまう可能性がある。プロも注目している。啓新の松村望選手も三拍子そろった選手で、シャープなスイングが魅力。福井商の水町和葵選手も177cmの外野手で、広い守備範囲を誇り、打撃でも内野安打が多い足の速い選手。

敦賀気比の杉森圭輔選手は中学時代から注目された選手、敦賀気比自体が元気がなく、目立つプレーができていないが、持ち前のパワーや能力は高い選手。黒田響生選手も1年時に注目選手として紹介された事もある選手で、180cmの右の大砲。阪口竜暉選手は180cm83kgの右バッターでパンチ力が十分、これから磨かれていきそうな選手。北陸の山内佑真選手と山本隆広選手は1年時に甲子園を経験、右と左のバッターとしてパワーもあり、チームの主軸となった。

下級生では丹生の玉村昇悟投手が177cmの左腕で最速141キロを計測しておりプロがすでに注目している。福井商の小林勇投手も140キロを記録している右腕投手、敦賀気比では木下元秀投手が182cmの左腕でエース候補として注目され、黒田悠斗投手も173cmの右腕で130キロ中盤の力のある球を見せる。福井工大福井の高原侑希選手は、175cmの内野手で、強肩遊撃手として注目されており、打撃でもパワーを見せている。

優勝予想

昨年から安定した成績を残してきている坂井が強そうだが、快進撃を見せるチームもあり優勝は予測が難しい。実力のある福井工大福井や福井商、啓新が、またやや元気がないものの甲子園常連の強さがある敦賀気比も侮れない。

組み合わせでは福井商が初戦で北陸と当たる可能性があり注目される。出場校が30校と多くないので、日々波乱となるかもしれない。

2018年度以降-高校生-福井県のドラフト候補リスト


PAGE TOP