2019センバツに向けて、桐蔭学園の注目選手

桐蔭学園高, 森敬斗, 川久保瞭太, 冨田健悟, 上川航平, 長谷川颯, 山崎駿

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は桐蔭学園。

桐蔭学園の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:森敬斗選手は2年秋に関東大会などで4本塁打を放ち長打力が開花した。またショートとしても送球に強さがある。遠投110m、50m5.8秒の足もあり身体能力も素晴らしい。

注目度C:山崎駿選手は179cmの控え投手だが、50m6.0秒の足などバネの強い選手。強い球を投げ強い打球を打つ選手で投手と外野手の二刀流

注目度C:長谷川颯投手は182cmの右腕で、秋は背番号11の伊礼投手にエースを譲ったが、本格派右腕の覚醒を期待したい。

注目度C:上川航平選手は森選手の後の4番を打ち秋は14打点を挙げた。強い打球を打つ。遠投は110mだが一塁を守っており、故障などがあるのかもしれない。動きや肩の強さなどを見てみたい。

注目度C:冨田健悟選手は新2年生、50m5.9秒の足で広い守備範囲を誇るセンター、打撃はまだまだも、足を生かした攻撃と守備を見てみたい。

注目度C:川久保瞭太選手も新2年生、サードのレギュラーを取っており打順でも5番を打つ。足もある選手で2ベースヒットが多く、どんなプレースタイルか注目したい。

チーム

ホームランは森選手以外はほとんど打たないが、森選手も通算本塁打数はまだ1ケタで秋に覚醒した感じがある。その投手陣は先発候補の伊礼投手を含めて技巧派の投手が継投し、5点以内で抑えたいで、ショートの森選手、センターの冨田選手を中心に投手陣を支えられるか。打撃も7,8点を取る力があるが、競った試合で勝利していく感じ。

桐蔭学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP