中日ドラフト1位・鈴木博志投手が152キロ力押しピッチング

鈴木博志

千葉ロッテとの練習試合で、中日のドラフト1位・鈴木博志投手が1イニングを投げ、最速152キロの力のある球を投げた。

高めストレートでセンターフライ

鈴木博志投手は8回から登板し、先頭バッターにセンター前にヒットを許したものの、ペゲーロ選手など続くバッター二人を、真ん中高めながらの威力のあるストレートでセンターフライに打ち取った。その後、四球を与えて1,2塁としたものの、最後はセカンドゴロに打ち取った。

電光掲示板では151キロを記録し、球団のスピードガンでは152キロを記録した。甘めの球で打ち取った事について「普通ならオーバーフェンス。直球で押す目指す投球ができている」と話した。

視察した巨人の中里スコアラーは「荒れていても球の力で抑えられる。浮き上がる球に打者はボール球でも手を出してしまう。攻略のカギはいかに甘い球を仕留めるか」と話し、球の力について警戒した。

だいたい、社会人時代と同じような投球内容。プロのバッターが仕上がってくれば、どうなるか分からない。コントロールと変化球を磨いて、今のストレートをますます生かせるピッチングにしていきたい。

2018年ルーキーの活躍一覧 

2死一塁で平沢を迎え、1ボールから外角高めに外れた149キロの直球は打者の手元で浮き上がり、捕手・加藤が捕り損ねるほどの威力(記録は捕逸)を見せた。巨人・中里スコアラーは「荒れていても球の力で抑えられる。浮き上がる球に打者はボール球でも手を出してしまう。攻略のカギはいかに甘い球を仕留めるか」と警戒を強めた。


PAGE TOP