楽天ドラフト1位・小深田大翔選手がマルチ&好走塁

小深田大翔

東北楽天のドラフト1位ルーキー・小深田大翔選手が、東京ヤクルトとの練習試合で1番セカンドで出場し、マルチヒットと好走塁を見せた。これで実戦は全4試合で13打数5安打、5得点を挙げている。

初の1番起用

ドラフト1位ルーキーの小深田大翔選手は実戦4試合目となるこの日、初めて1番での起用となった。すると第1打席、「先攻で1番。その試合の勢いが出てくる。なるべく簡単にはアウトにならないようにと心がけていきました」という通り制球に苦しむ東京ヤクルトの高橋投手をじっくりと見てフルカウントにし、最後に力勝負で来た143キロのストレートをライト線へはじき返した。

すると今度は小深田選手が足を見せる。「右翼のポジションニングが中堅寄りだったので、三塁を狙えると思った」と判断すると、50m5.9秒の足を飛ばして一気に三塁へと到達した。4回にも先頭バッターで内野安打を見せると、6回には四球で出塁しすかさず盗塁を決めた。この日はセカンドで先発したがショートにも入った。

視察した石井GMは「高い対応力がある。結果が出ることで本人の自信にもなると思う」と話すと内野手出身の三木監督も「足さばきが内野手っぽくて、足が速いね。結果が出ることは良いこと」と評価した。これで実戦4試合で全てヒットを打ち、13打数5安打を記録する。また、5得点を挙げており、出塁してホームに還ってくる小深田選手の良い所が十分アピールできている。

昨年のドラフト会議では、社会人の遊撃手の候補として注目はされていたものの、ドラフト直前に、ショートの選手を求める球団同士で上位指名の情報が流れ、最終的にはドラフト1位で指名をされた。その評価にしっかりと応えていくシーズンとなりそうだ。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧
東北楽天ゴールデンイーグルス、過去のドラフト指名一覧

「先攻で1番。その試合の勢いが出てくる。なるべく簡単にはアウトにならないようにと心がけていきました」と整理しプレーボールから試合に入り込んだ。初回先頭で打席に入るとヤクルト先発高橋の142キロ直球を悠然と見送りストライク。フルカウントに持ち込み7球目。真ん中高め143キロを右翼線へはじき返した。やや右中間寄りの右翼手を目視し、緩むことなく二塁ベースを蹴った。50メートル5秒9の足で三塁打とし好機を演出。先制点を生み役割を十分に果たした。

4回は再び先頭で一、二塁間への内野安打を放ち、6回には四球を選ぶと「プロ初盗塁」も決めた。二塁と遊撃の両方のポジションで安定した守備を披露。走攻守のアピールを見届けた石井一久GMは「高い対応力がある。結果が出ることで本人の自信にもなると思う」と目を細めた。

ドラ1ルーキーのはつらつとした働きに三木監督は「1番にしてどうなるかなと思って、1番にした。出塁もしたし、良かったかなと思う」と評価した。


PAGE TOP