NTT西日本・藤井健平先取が2ランホームラン、4球団視察しオリックス「三拍子そろっている」

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

NTT西日本が日本選手権に出場を決めた。プロが注目する藤井健平選手が、先制の2ランホームランを放った。

スポンサーリンク

肩が強い

藤井健平選手は大阪桐蔭から東海大でプレーし、NTT西日本に進んで2年目の外野手。左投げ左打ちで特に肩の強さが注目されている。

この日は日本選手権近畿地区代表決定戦のニチダイ戦で、初回1アウト1塁の場面で初球をライトポール際に運ぶ先制の2ランホームランを放った。「先制点がほしかった。何でもいいからつなごうと。うまく風に乗ってくれた」と話した。

この日はプロ4球団のスカウトが視察し、オリックスの牧田編成部副部長は「三拍子そろっているし肩が強い。左投左打の選手は貴重」と評価した。

日本選手権出場を決めたNTT西日本、藤井選手は「チームが勝つことが一番。そうすれば、自然と上のステージが見えてくる」と話し、プロ入りを意識してチームを勝ちに導く。

肩の強さは社会人、大学生の外野手の中でトップクラスであることは間違いない。カウントによってフルスイングを見せれば、逆方向にヒットを打つこともでき、比較的対応力も高い。日本選手権で大きな課題を見せず、肩の強さをアピールできれば、ドラフト会議での指名の可能性が更に高まると思う。

2021年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日は4球団が視察し、オリックスの牧田編成部副部長は「三拍子そろっているし、肩が強い。左投左打の選手は貴重」と、高評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント