東都1部2部入れ替え戦は1勝1敗に

大学野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

専修大と立正大が戦っている東都1部2部入れ替え戦、この日は専修大が3投手の完封リレーで勝利し、1勝1敗とした。

専修大が勝利

この日は専修大が、先発した2年生左腕の角谷幸輝投手が6回0/3を3安打無失点に抑えると、期待の1年生・上野南斗投手が1回を3人で抑え、8回からは角谷投手の専大松戸の先輩だった高橋礼投手が2回2安打無失点に抑えた。

攻撃では2回に、2番山田克志選手のタイムリー内野安打で先制すると、3回には4番・平湯蒼藍選手の2ベースヒットから犠牲フライで1点を挙げ、2-0で勝利した。

これで勝ち星は1勝1敗となり、第3戦に臨む。専修大の斎藤監督は、「明日もつないでいく」と高橋投手を得意のリリーフに置き、高橋投手につないでいく。

専修大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント