常葉大菊川・根来龍真選手が国士舘大に合格、遊撃手としてもプレー

根来龍真, 常葉大菊川

常葉大菊川で甲子園で捕手としてプレーし、侍ジャパンU18代表でもマスクを被った根来龍真選手が、東都2部の国士舘大に合格した。

先輩の存在

根来龍真選手は170cmの捕手で、昨年夏は常葉大菊川を甲子園に導くと、甲子園でも4番捕手としてプレー、打撃では日南学園戦でマルチヒット、近江戦で敗れたものの3ベースヒットなどマルチヒットを記録している。

また捕手としても日南学園戦では漢人友也投手をリードして完封し、フットワークの良さなどをプロのスカウトも高く評価し、侍ジャパンU18代表も根来選手を代表に選んだ。代表ではスリランカ戦でスタメンマスクを被ったが、その他の試合は大阪桐蔭の小泉航平選手に譲った。それでも代打で出場するなど、攻守に買われて起用されていた。

プロの評価も高く、また東京六大学や東都1部リーグの大学なども選択肢にあったが、「ジャパンのすごい選手たちと自分を比べ、今プロへ行っても活躍できないと感じた。大学で力をつけてプロに挑戦したいと思い、大学行きを選びました」と話し大学進学を希望、そして最終的な進路を国士舘大に絞り、この日、合格した。国士舘大は東都リーグ2部、しかし、「練習に参加して、菊川のように明るくて、先輩後輩の垣根が少ないチームだと感じた。そこが気に入りました」と話して進路を決めた。

ただし決めたのは先輩の存在が大きい。「捕手を始めたとき、増田さんに多くのことを教わった。一緒にやってみたいと思いました」と話し、今年大学4年となり、チームの主将となった増田来希捕手と一緒にプレーをしたいという。そして根来選手は、高校1年の時までプレーしていた遊撃手にも挑戦し、増田選手が捕手、根来選手がショートで一緒に出場することを目指す。

今年1年で再び増田選手からいろいろと教り、来年には再び捕手としてプレーするようになるだろう。プロが注目するフットワークや送球を見せ、4年後のプロ入りを目指す。

常葉大菊川高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
国士舘大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東都1部の大学や東京6大学なども選択肢にあったが、最終的に2部の国士舘大を選んだ。「練習に参加して、(常葉大)菊川のように明るくて、先輩後輩の垣根が少ないチームだと感じた。そこが気に入りました」。高校の3学年上の増田来希捕手の在学も大きかった。「捕手を始めたとき、増田さんに多くのことを教わった。一緒にやってみたいと思いました」。

大学でその差を埋める。捕手だけでなく、高1まで務めた遊撃手にも再挑戦。「木製バットでも打てるように鍛えて、4年後のプロを目指します」と誓った。


PAGE TOP