埼玉西武、東洋大・藤岡貴裕投手も1位候補に!

大学野球ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

スポーツ報知によると関係者の話しなどから、埼玉西武の1位指名が東洋大・藤岡貴裕投手の可能性が高ということだ。2009年に菊池雄星、2010年に大石達也をそれぞれ6球団の指名から抽選で引き当てた驚異のくじ運を持つ渡辺監督を使わない手はないということだろう。

チーム状況を考えると左腕の帆足が9勝6敗と好投したが、エース涌井の不調でベテラン西口に頼っていたこともある。2008年の中崎、2009年の菊池と左腕投手を2年連続で獲得、昨年は即戦力の大石達也を獲得し先発投手として教育中、という状況で少し世代の空いている高校生右腕が本命で、全スカウトで視察を行った宮崎日大・武田翔太投手と思っているが、中崎、雄星の両左腕に即戦力エースの藤岡投手をぶつける事で競争をあおる狙いもある。

埼玉西武の事なのでおそらくドラフト当日まで誰を指名するかはわからないだろうが、ドラフトファンとしては渡辺監督の抽選は是非見てみたい。

  •  - ” target=”_blank”>全文は

  • スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

    コメント