早川隆久投手はU18代表メンバーに肩並べるか、阪神スカウト「もっと活躍してもいい」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

早稲田大の151キロ左腕・早川隆久投手に、阪神の平塚スカウトは「モノはいい。もっと活躍してもいいのかな」と評価している。

1年間通して投げ切った昨年

早川隆久投手は昨年、侍ジャパンU18代表に続いて侍ジャパン大学代表入りをした。日米大学野球では2戦目に先発すると、5回4安打4奪三振1失点(自責点0)、4戦目にも先発し、4回3安打2奪三振無失点と、1,3,5戦目に先発した森下暢仁投手と共に先発を務め、MLB予備軍を相手に防御率0.00だった。

春のリーグ戦では8試合に先発して3勝2敗、秋も5試合に先発しリリーフでも登板をするなど、春、代表の夏、秋を投げ、「1年間通して投げ切れたことは自信になった」と話す。また代表ではプロへ進んだ海野隆司捕手、佐藤都志也捕手、郡司裕也捕手とバッテリーを組んだことで「配球パターンを知れた」と投球の幅が広がったと話した。

阪神スカウトも評価

早川投手は高校時もプロ注目の投手で、U18代表では今井達也投手や寺島成輝投手、堀瑞輝投手、藤平尚真投手、高橋昂也投手、島孝明投手、藤嶋健人投手と共に投手のメンバー入りをした、アジアU18選手権では中国戦で2イニングのみの登板だったが、打者6人から4つの三振を奪いパーフェクトに抑えた。他の投手7人全員がプロ志望し、ドラフト会議では4人が1位指名、2位1人、3位1人、5位1人と軒並み高い評価で指名される中で、早川投手もプロ志望届を出して入れば3位前後の指名が予想された。

それでも大学で成長する道を選択し、一人大学へと進む。早稲田大では球速を151キロへと伸ばし、今年、早稲田大の主将となり、そして今年のドラフト会費の左の筆頭クラスととしてドラフト1位指名も予想される。1位指名されれば、大学進学の選択肢が良かったという事になる。

しかし、3月22日に巨人2軍との試合では5回を投げて4失点、「あれだけいいバッター、これでも2軍なのか。」とプロの世界の打者に驚き、「凄いモチベーションが高くなりました」と話した。東京六大学でも7勝12敗、阪神スカウトが「もっと活躍してもいいのかな」と話す通り、もっと活躍を期待したい投手だ。

プロでは今井投手、藤嶋投手が結果を残す一方で、寺島投手や高橋投手はまだ結果を残したとは言えない。そして島投手はプロ野球を引退し、大学に進学して別の道に一歩を踏み出した。様々な道に進むメンバーの中で、早川投手がプロ入りし、まずはメンバーと肩を並べる。

2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

侍ジャパンがアジア頂点!投手と野手の成績一覧
侍ジャパンU18代表が、U18アジア選手権の決勝で台湾に勝利し優勝を勝ち取った。1-0の緊迫した試合の中で、今井達也投手と堀瑞輝投手が完封リレーを見せた。
侍ジャパン大学日本代表メンバー(2019)
【6月23日更新】 7月16日~21日に日本で行われる日米大学野球に出場する侍ジャパン大学代表の、代表メンバー24選手が決定しました。
早大・早川、「勝ちにこだわる」を進化 デイリースポーツ紙面 2020/4/29

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント