東海大・小郷賢人投手、法政大・石川達也投手などをDeNA、広島が視察

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

法政大と東海大がオープン戦を行い、東海大の小郷賢人投手、法政大の石川達也投手などを横浜DeNAと広島が視察した。

スポンサーリンク

2球団視察

東海大の155キロ右腕・小郷賢人投手はこの日、8回から登板をすると、スライダーや習得を試行をしているチェンジアップなど、変化球を中心に投球をした。2アウト3塁からホームスチールで1点を奪われたものの、9回はチェンジアップで三振を奪った。

「真っすぐを狙われることが多いので、緩急が使えるように緩い球が欲しかった」と話し、チェンジアップの習得を目指しており、この日は東京六大学で強さを見せる法政大を相手にその球を試した。

また法政大は、石川達也投手が先発をした。石川投手は春先に140キロ後半の球を連発し、鈴木昭汰投手、高田孝一投手と共に注目されてプロ志望届も出している。しかし秋季リーグ戦では体調不良のためにベンチから外れていた。

この日は約2週間ぶりの投球となり、球速は137キロ止まりだったが、「コントロール重視で打たせて、テンポよく投げられれば」と、高校時代から評価されていたカーブなどを中心に3回無失点に抑えた。

本来の調子に戻れば楽しみな左腕投手だけに、リーグ戦での登板ができれば、ドラフト会議での指名の可能性が出てくる。石川投手は「2人に比べたら僕は全然注目度はあんまりないですけど、3人ともかかっていけたら」と話し、3人一緒のプロ入りを目指す。

横浜DeNAは小郷投手の指名へ

横浜DeNAは東海大の下級生時代から小郷投手に注目しており、故障などがあっても、4年生の今年もマークを外していない。リリーフの山崎康晃投手が今年結果を出せなかった事や、メジャー移籍を希望している事などもあり、強力なリリーフ投手として小郷投手の指名がありそうだ。

2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。
2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

今秋ドラフト候補で最速155キロ右腕の東海大・小郷賢人投手(4年・関西)は2回1失点だったが、広島、DeNAのスカウトの前で新球を披露した。「真っすぐを狙われることが多いので」と、初球からスライダーを投じるなど変化球主体の投球。「緩急が使えるように緩い球が欲しかった」と新たに試しているチェンジアップの出来も上々。九回先頭には決め球として空振り三振に斬った。

今秋ドラフト候補で最速146キロ左腕の法大・石川達也投手(4年・横浜)が先発し、広島、DeNAのスカウトの前で3回無失点に抑えた。直球の走りは137キロと控えめだったが、カーブなど緩急を駆使。「コントロール重視で打たせて、テンポよく投げられれば」という狙い通りに打ち取った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント