青山学院大が東都1部昇格、下村海翔投手が6安打14奪三振完封

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

東都2部リーグは、青山学院大の1年・下村海翔投手が拓殖大を完封し、日大が敗れたため、1部昇格が決定した。

スポンサーリンク

1年生、2年生が活躍

青山学院大が、8季ぶりとなる東都1部昇格を決めた。この日の拓殖大戦では、九州国際大付時代に149キロの球を投げプロも注目した下村海翔投手が先発すると、9回6安打14奪三振で完封する快投を見せた。

一方、首位を争っていた日大は、来年のドラフト候補で152キロの速球を投げる赤星優志投手が先発したものの、4回1/3を投げて5失点と崩れ、専修大に1-7で敗れた。

今季は新型コロナの影響もあり、入れ替え戦は行われず、1部からの降格はなく、2部からは首位のチームが自動昇格となる。来季は7大学で1部を戦う。

青山学院大は下村投手の他、2年生の山田拓也選手が打率.385で首位打者となっている。来年、1部リーグでの活躍が期待される。

青山学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント