プロ野球の新人研修会、12球団ルーキー121人が一堂に会する

中日ルーキーニュース ルーキーニュース 横浜DeNAルーキーニュース 巨人ルーキーニュース 阪神ルーキーニュース

プロ野球の新人研修会が東京都内のホテルで行われ、12球団のルーキー121人が一堂に会した。DeNAドラフト1位の度会隆輝選手は、藤川球児氏の講演の中で「天才的なバッター」と紹介された。

スポンサーリンク

天才

藤川球児氏の講演の後の質疑応答で「どんなバッターが嫌か」という質問に、「度会くんは天才的なバッターだから・・・」と天才バッターのたとえに度会隆輝選手の名前が出てきて、度会選手は選手の中で顔を見合わせて驚きの表情を浮かべていた。

研修後には「うわ、マジか。俺出た、みたいな。すごくうれしかったです。光栄でした」と喜びを表し、父が「対戦したピッチャーの中で一番速く感じた。分かっていても当たらない、と父がいつも話していました」という藤川投手に認知してもらえていた事の感謝した。

中日のドラフト2位・津田啓史選手は、横浜高校時代に二遊間を組んだ度会選手と再会し、「全然変わってませんね。むしろもっと明るくなっちゃんじゃないかと思いましたよ」と話した。そして、「僕よりも彼のほうが上でした」と高校時代を振り返り、昨年のドラフト会議でも中日が、ドラフト1位で度会選手を指名した事も踏まえつつ、「自分との勝負。意識することなく、まずは自分を出すこと。しっかり活躍していきます」と話した。

昨年のドラフト会議では東都リーグの7投手がドラフト1位指名をされ、この日は再会した選手もいるが、巨人のドラフト1位・西舘勇陽投手(中央大)は、阪神ドラフト1位の下村海翔投手と言葉を交わした。

大学3年春のリーグ戦では、中央大、青山学院大、日大が勝ち点で並び、三つ巴の最下位決定プレーオフが行われ、青学大との試合で下村投手が6回無失点、西舘投手が2点リードの7回から登板すると同点に追いつかれ、9回に勝ち越しを許した試合があった。これにより中央大は最下位となって入れ替え戦に回ったが、西舘選手は「僕のせいで負けた。すみません」と泣き崩れたという。

巨人と阪神のドラフト1位という運命的な形となった二人だが、西舘投手は「まず投げ合うために自分が1軍に上がらないといけない」と話し、昨年阪神に6勝18敗と大きく負け越した巨人のエースとして、下村投手にリベンジすることを誓った。

北海道日本ハムの細野晴希投手、中日の草加勝投手、東京ヤクルトの西舘昂汰投手、埼玉西武の武内夏暉投手、そして広島の常広羽也斗投手が、今年からどのような活躍を見せ、どのようなプロ野球選手になっていくのか、見守りたい。

2023年ドラフト会議指名選手一覧
2023年のドラフト会議は10月26日に行われ、支配下ドラフトが72人(昨年より+3人)、育成ドラフトが50人(昨年より−7人)の、合わせて122人(昨年より-4人)が指名されました。
DeNAドラフト1位・度会隆輝「光栄」藤川球児氏が打撃に太鼓判
プロ野球の新人研修会が12日、東京都内のホテルで行われ、DeNAのドラフト1位・度会隆輝外野手(21)=ENEOS=が日米通算245セーブの藤川球児氏(43)に…
【DeNA】ドラフト1位・度会隆輝が藤川球児氏から「天才的なバッター」と称賛受け興奮 : スポーツ報知
 DeNAのドラフト1位・度会隆輝外野手(ENEOS)が12日、都内のホテルで行われたNPB新人研修に参加。午前は野球殿堂博物館を見学し、午後は講義を受け「自分にとってすごくためになった時間だった」と
「度会くんは天才バッター」藤川球児氏講演にDeNAドラ1感激「マジか!」/デイリースポーツ online
 DeNAのドラフト1位・度会隆輝外野手(21)=ENEOS=が12日、都内で行われた「NPB新人研修会」に出席した。阪神・藤川球児SA(43)による講演「先輩プロ野球選手からプロ野球の後輩へ」で、「DeNAの度会くんは天才バッターだから」と評される場面もあり、大感激した。 その文言は、広島の新人選手から藤川SAに「投...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント