東京国際大の148キロ右腕・重川恵詩投手が始動、創価大・鈴木投手、共栄大・小向投手に勝つ

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

東京国際大のエースで148キロ右腕の重川恵詩投手が始動した。東京新リーグで戦う創価大の鈴木勇斗投手、共栄大の小向直樹投手などにライバルの視線を送る。

スポンサーリンク

優勝&リーグナンバーワンを狙う

重川恵詩投手は184cm85kgの大型右腕で、最速は148キロを記録する。東京新リーグでは2年生の春に4勝3敗、秋に2勝2敗を記録し、チームのエースとなっている。その重川投手がこの日、キャッチボールなどを行い、大学のグラウンドでの練習をスタートさせ「チームとしては優勝、個人的には防御率のタイトル」と目標を話した。

また、「小向、鈴木に負けないようにして、東京新で一番になりたい」と話した。リーグでは創価大の鈴木投手が昨秋に最速152キロを記録し、共栄大の小向投手も151キロ右腕として注目される。リーグNO.1になるためにはこれらの投手に投げ勝っていく必要があり、ライバルとしての視線を送る。

将来については「社会人やプロに行くには根本的な力をつけることが必要」と話し、この冬は体力強化と新球のフォークボールの習得を目指す。元ヤクルトの角富士夫監督も「社会人でやれる力はある。その上も目指させたい」と話し、プロ入りへプッシュする。

ドラフト候補投手が各大学を引っ張る東京新大学リーグは、今年も目が離せなさそうだ。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東京新大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東京国際大の重川、リーグナンバーワンへ始動 西日本スポーツ誌面 2021/1/14

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント