東洋大の注目内野手・木村翔大選手がプロ志望

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

東洋大で昨秋にプロに進んだ遊撃手を抑えてベストナインに選ばれた木村翔大選手が、プロ志望を明らかにした。

スポンサーリンク

小川、矢野を抑えてベストナイン

昨秋の東都リーグは、国学院大から千葉ロッテにドラフト3位で指名された小川龍成選手、亜細亜大から広島のドラフト6位で指名された矢野雅哉選手など、各チームにレベルの高い遊撃手が揃っていた。

その中で東洋大の3年生・木村翔大選手は、打率.325でリーグ6位となり、小川選手、矢野選手以上の成績を残した。守備でも安定し、プロに進んだ遊撃手を抑えてベストナインに選ばれている。

そして木村選手は、「今年はチャンスでもっと打って最低でも3割5分。4失策はリーグで一番多かったので、守備範囲も広げてアピールしたい」と話し、打率をさらに上げ、エラーをなくすことを目標にした。そして、茨城に帰省した時に、幼なじみの広島・遠藤淳志投手と会い、「プロになりたい」と宣言をした。「プロで3年過ごすと、体つきや雰囲気が違います。同じ舞台でやりたいと思うし、頑張れる理由になります」と話す。

ショートの守備で昨年のドラフト候補と比較されるところまで磨き、先輩や幼なじみの待つプロの舞台へ上がって欲しい。

2021年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ともに過ごした時間を振り返ると、「ほぼ野球のことだった」と常に高め合ってきた。すでに1軍の戦力として活躍する姿はまぶしい限り。「1つ頑張れる理由としてある」と同じ舞台へ立つことを夢見る。昨年末、母校・霞ケ浦へあいさつに訪れた際には一緒になり、自身もプロを目標に掲げていることを伝えた。

茨城県土浦市生まれ。広島の4年目右腕の遠藤は小、中学校、高校でチームメート。「帰省したときに会って、自分もプロを目指したいと伝えました」。

茨城・土浦市の出身。17年ドラフト5位で広島に入団し、3年目の昨年5勝を挙げた遠藤淳志とは幼なじみで、小学校から高校まで一緒に過ごした。冬休みに母校で再会した際に「プロになりたい」という意志を伝えたという。「プロで3年過ごすと、体つきや雰囲気が違います。同じ舞台でやりたいと思うし、頑張れる理由になります」と刺激を受けている。

東洋大練習再開も当分1軍だけで/東都
 東都大学野球の東洋大は埼玉県川越市のグラウンドでの練習再開3日目の20日、取材に対応した。本来は5日に1軍集合、19日にその他が集合する予定だった。しかし緊急事態宣言を受けて約50人の1軍が17日に集合し、その他の部員は解除後に先送り。昨年実施した千葉・鴨川キャンプを行わず、今回もグループ分けし、ユニホームでなくトレ...
東洋大・木村 ロッテ・都志也先輩から「気持ち出せ」で今秋ドラフトへアピールだ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東都大学リーグの東洋大が20日、埼玉県川越市のグラウンドで練習を公開した。18日から始動したが、コロナ禍の影響で全部員の約半数の53人しか入寮できていない。逆境にも昨秋リーグ戦で遊撃手のベストナインを獲得した木村は「プロを目指すためにリーグ戦は打率.350、12打点以上を挙げたい」と高い目標を掲げた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント