国士舘大の大型二塁手・池田来翔選手を千葉ロッテなど7球団がすでにリストアップ

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

国士舘大の180cm85kgの大型二塁手、池田来翔選手を、すでに7球団がリストアップしていることがわかった。

スポンサーリンク

千葉ロッテなど注目

池田来翔選手は習志野高校出身で、国士舘大に進むと東都2部リーグで1年春からいきなり打率.354、1本塁打、11打点を挙げた。180cm85kgと大型の二塁手で、小学生に千葉ロッテジュニアでプレーしたこともあり、現時点ですでに千葉ロッテなど7球団がリストアップをしているという。

元千葉ロッテの辻監督は「高部を通算安打数で上回ると思っていたが、昨年春のリーグ戦がなくなり、最上級生の今年を集大成にしてほしい」と、2019年のドラフト会議で千葉ロッテに3位で指名された高部瑛斗選手と比較した。

昨年は春のリーグ戦が中止となり、秋は調子が上がらなかった。現在東都2部で通算打率が.293、2本塁打、29打点となっている池田選手は「伊藤裕季也さん、牧さんと右打ちの二塁手で目標になる選手が出ている。春は4番で打率.350、5本塁打、15打点を目指し、その数字までいけばチームも勝てていけると思う」と話した。

右で高い打率を残し、長打も打てる二塁手として、注目される選手となる。

2021年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

「伊藤裕季也さん(立正大→現DeNA)、牧さん(秀悟=中大→DeNA)と右打ちの二塁手で目標になる選手が出ている。春は4番で打率・350、5本塁打、15打点を目指し、その数字までいけばチームも勝てていけると思う」

 熱視線を送るのは、マリーンズジュニアにいたことからロッテなど。今後が注目される。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント