大阪桐蔭, 藤原恭大

No Image
高校野球大阪大会では、大阪桐蔭が大冠に10-8で勝利し、春の王者が夏の甲子園出場を決めた。

東海大菅生, 松本健吾

No Image
高校野球西東京大会、東海大菅生は背番号11の145キロ右腕・松本健吾投手が先発し、強打の早稲田実を7安打2失点に抑えて完投、甲子園出場を決めた。

清宮幸太郎, 早稲田実

No Image
早稲田実の清宮幸太郎選手、最後の夏が終わり、高校通算本塁打は107号で終わった。しかし、108号を打つチャンスはある。

清宮幸太郎, 早稲田実

No Image
東海大菅生に敗れた早稲田実、清宮幸太郎選手の進路に注目が集まっている。

No Image
今日は西東京大会、大阪大会で決勝が行われ、早稲田実、東海大菅生、大阪桐蔭、大冠が決勝をかけて戦う。

東海大高輪台, 宮路悠良

No Image
高校野球東東京大会では、二松学舎大付が東海大高輪台を9-1で下し、甲子園出場を決めた。東海大高輪台の147キロ右腕・宮路悠良投手は、0-8と点差の開いた3回途中から登板した。

履正社高, 安田尚憲

高校野球大阪大会では、準決勝で大阪桐蔭と履正社が対戦し、大阪桐蔭が8-4で勝利した。履正社の安田尚憲選手にホームランは出ず、通算62本で3年間の幕を閉じた。

横浜高, 増田珠

高校野球神奈川大会では、横浜高が東海大相模を下して甲子園出場を決めた。横浜高4番の増田珠選手が4戦連発となるホームランなどで試合を決めた。

青山誠, 増田大輝, 巨人

巨人は、2013年の育成ドラフト1位で指名した青山誠外野手と、2015年の育成ドラフト1位で指名した増田大輝内野手と支配下選手契約を結んだ。

神戸国際大付, 猪田和希

No Image
高校野球兵庫大会は決勝が行われ、神戸国際大付が明石商を4-0で下し、甲子園春夏連続出場を果たした。

スポンサーリンク
PAGE TOP