広島ドラフト1位・森下暢仁投手、フライング気味の年俸1600万円で仮契約

森下暢仁

広島はドラフト1位で指名した明治大の森下暢仁投手と、契約金1億円+出来高5000万円、年俸はフライング気味の1600万円で仮契約を交わした。背番号は前田健太投手が付けた18となる。

フライング年俸

広島は森下暢仁投手に年俸1600万円で仮契約をした。新人選手との契約の上限は1500万円だったが、鈴木球団社長は「来年度からの新たな新人の上限額および1軍制定捕手額として12球団が合意している。今後、プロ野球選手会に承認されれば実施される」と話し、まだ発表もされていない変更された上限額での仮契約となり、その第1号の選手となった。

森下投手は「いい評価をしていただきました。結果でお返ししたい」と話した。森下投手は大分商時代にも140キロ後半の速球を投げ、3年夏には決勝まで勝ち上がり決勝の明豊戦で0-1の投手戦を演じるなど活躍を見せプロからも注目された。

甲子園の出場はなかったが、その年に日本で行われたU18W杯の代表に、小笠原慎之介投手や高橋純平投手などと共に加わると、大事な場面の登板はなかったものの、その年のドラフト1位で指名される高校トップの選手たちと交流した。小笠原投手、高橋投手、平沢大河選手、佐藤世那投手などがプロ志望届を出す中で、森下投手、郡司裕也選手、勝俣翔貴選手、宇草孔基選手、上野翔太郎投手などはプロ志望をせず、大学へ進学した。

明治大でも森下投手は1年春からリーグ戦で登板をすると、2年生の春には5試合に先発し2勝2敗と、先発の2枚に入った。3年春からはエース格として投げ4年間通算で15勝12敗、味方の援護が無かったりと勝ち切れない試合もあったが、155キロのストレートに鋭いカーブ、スライダーやカットボールなどを投げた。

大学3年時と4年時に選出された大学代表では、3年時の日米大学野球1戦目で先発し5回1安打無失点、松本航投手などがいる中でエースとして投げ、4年時の日米大学野球でも1戦目の先発で5回2安打9奪三振の圧巻の投球を見せると、3戦目にも先発して5回2失点で敗戦投手になるも、最後の5戦目にも先発し5回1安打無失点とアメリカキラーとして活躍をした。

今年のドラフト会議では佐々木朗希投手、奥川恭伸投手と共に、今年の指名選手の中では別格と評価されたが、広島が単独1位指名で交渉権を獲得していた。

この日は苑田スカウト部長、尾形スカウトなどと入団交渉を行い、「カープで頑張りたいと思った。」と話した。苑田スカウト部長は「投球がうまいので大崩れしない。先発ローテで10勝はクリアできるんじゃないか」と話した。

155キロを投げるが体重はまだ76kgと細身で、これからキャンプインの2か月で1日5、6食に増やして80kgの体重を目指すという。またこの日、背番号18が決まり、「重みしかない。評価して頂いているのはうれしいけど、それだけのことをやらないといけない」と話した。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

最速155キロを誇る直球にカーブ、スライダー、フォークなど多彩な変化球を制球よく操り、数多い即戦力の中でもNo・1の呼び声高い。苑田統括部長は「投球がうまいので大崩れしない。先発ローテで10勝はクリアできるんじゃないか」と太鼓判を押した。

佐々岡真司新監督(52)は自身が現役時代に背負い、米大リーグ・ドジャースの前田健太投手(31)以来4年空き番号となっている「18」を託す意向を示している。森下は「重みしかない。野村さん、大瀬良さんがいるなかで評価していただいている。今まで以上にがんばります」と闘志を燃やした。


PAGE TOP