福岡ソフトバンク、日本生命の高橋拓巳投手、ホンダ熊本・荒西祐大投手をドラフト上位指名

日本生命, Honda熊本, 荒西祐大, 高橋拓巳

福岡ソフトバンクは、日本生命の高橋拓巳投手と、ホンダ熊本の荒西祐大投手をドラフト上位候補にリストアップしていることが分かった。1位では高校生野手の指名が濃厚。

変則投手

福岡ソフトバンクは近日中にスカウト会議を開く予定だが、この日は編成幹部が工藤監督に、ドラフト会議に向けた進行状況の報告を行った。そして福岡ソフトバンクは社会人左腕の日本生命の高橋拓巳投手と、26歳ながら今年の社会人野球で大活躍を見せたサイドスローのホンダ熊本の荒西祐大投手をドラフト上位候補としてリストアップしていることが分かった。

高橋投手は大卒2年目、最速148キロの速球を投げ、桐蔭横浜大時代もドラフト候補として注目され、プロ志望届を提出していたが、ドラフト2位以上での指名がなければ日本生命に進むとし指名はなかった。福岡ソフトバンクは今年の夏、ジャカルタで行われたアジア大会に複数のスカウトを派遣し、侍ジャパン社会人代表の試合をチェックした。その中で高橋投手は最速148キロの速球を中心に、打者のインコースにしっかりと攻める投球を見せていた。

荒西投手は玉名工業高校からホンダ熊本入りして8年目となる26歳で、サイドハンドから148キロの球威抜群の球を投げる。今年は春先のスポニチ大会から大活躍を見せると、その後の大会でも活躍を見せ続け、社会人の中で最も印象に残る投球をした投手だった。荒西投手も社会人代表としてアジア大会に出場すると、台湾との準決勝で3回1/3を投げて1安打無失点と好投をした。

福岡ソフトバンクは田中正義投手、高橋純平投手など本格派右腕を好んで指名しており、ファームでは3軍まで大勢の選手がブルペンで投げていると、みんな同じようなタイプに見えるとプロ関係者も話していた。昨年から永井編成部長に代わると、高校生一辺倒のドラフトをやめ、アンダーハンドの高橋礼投手を2位で、長身投手の椎野新投手を4位で指名するなど、特徴のある投手を指名するようになった。

今年も左腕の高橋投手、サイドハンドの荒西投手を2位、3位あたりで指名し、即戦力で投げられる投手を指名していく模様だ。

1位は高校生野手

しかし、ドラフト1位では高校生の野手が最優先となる。チームは内野・外野ともに固定していたレギュラーがベテランになっており、次世代の主力選手の育成が課題となっている。昨年もドラフト1位で清宮幸太郎選手、安田尚憲選手を指名したが抽選で外し、最終的に吉住晴斗投手の1位指名となった経緯がある。

チームでは大阪桐蔭の根尾昂選手、報徳学園の小園海斗選手の両遊撃手を中心に、高校生野手の1位指名の可能性が高い。

福岡ソフトバンクホークスのドラフト会議メインページ
2018年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
2018年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

ソフトバンク即戦力狙う!! 上位候補に社会人投手、高橋・荒西 西日本スポーツ1面 2018/10/12

 


PAGE TOP