2018年ドラフト候補、高校生九州編

2018年のドラフト候補を紹介してゆきます。今日は九州地方の高校生選手。

2017年は

まず、九州学院の村上宗隆選手が東京ヤクルトのドラフト1位で指名を受けた。また、熊本工の山口翔投手が広島のドラフト2位、柳ヶ浦の田中瑛斗投手が日本ハムのドラフト3位、八重山商工の平良海馬投手が埼玉西武の4位、秀岳館の田浦文丸投手がソフトバンクの5位、大分商の廣澤伸哉選手がオリックスの7位で指名された。

また育成では都城商の森遼大朗投手が千葉ロッテの育成2位、真颯館の高木渉選手が埼玉西武の育成1位で、沖縄尚学の砂川リチャード選手がソフトバンクの育成3位でそれぞれ指名され、多くの選手が注目され、ドラフトで指名されていった。

注目選手

波佐見高校の内野裕太選手は身長は175cmと大きくないが、左打席で待ち構える姿が素晴らしく、投球を迎えに行くと低めの球も強いリストですくい上げる。甲子園でホームランも放ち期待のスラッガー。明豊の浜田太貴選手も172cmと大きくないが甲子園でホームランを放ち、現在高校通算32本塁打を打っている。

創成館の川原陸投手は、この秋の主役の一人だった。184cm85kgの左腕で、九州大会では延岡学園を相手に3安打11奪三振で公式戦初完封勝利、その後九州大会を制すると明治神宮大会でもおかやま山陽戦で先発して好投、大阪桐蔭戦でも2番手で登板し4回2/3で3安打5奪三振無失点と好投した。腕の振りもよく広島・苑田スカウト部長が高い評価をした。

聖心ウルスラの戸郷翔征投手は184cmの長身から144キロの速球を投げる。甲子園でも筋の良いピッチングを見せ、成長が非常に期待される。

その他の選手

佐賀商の木村颯太投手は1年生からベンチ入りし142キロの切れのある速球を投げる。大分高校の山月雄翔投手は186cmの左腕で142キロの球速が145まで伸びてくれば注目選手になるかもしれない。筑陽学園の大畑功士郎投手も181cmの左腕投手で141キロを記録、夏は完封勝利を挙げるなど注目されている。樟南高の松本晴投手も180cmの左腕で、夏準々決勝で9回2アウトまでノーヒットピッチングを見せた。北筑の鬼塚柊投手も長身左腕、今永に続けるか。

創成館では伊藤大和投手も182cmの右腕で、腕の振りと141キロの速球があり、この冬の成長に期待。宜野湾の國仲祐太投手は180cmの右腕で143キロの力のある球を投げる。文徳の津川颯投手は185cm95kgの身体が見栄えがする投手で、こちらも成長を期待したい。

福岡大大濠の樺嶋竜太郎選手はセンバツで1試合2本塁打を記録したパワーがある。稲本侑星選手も5番バッターとして活躍を見せた。常磐高校の藤原圭悟選手は1年生から主軸を打ち広角に長打を打てる選手。文徳の萩尾匡也選手は180cmのスラッガーでパワーは九州屈指。

延岡学園の小幡竜平選手は遠投112mの強肩内野手で俊足巧打も定評がある。福岡工大城東の上村晟翔選手は俊足で強肩捕手として期待されている。

2018年度-高校生-九州のドラフト候補リスト


PAGE TOP