BIG4に続く投手、日本航空石川・重吉翼投手、木更津総合・根本太一投手の夏始まる

木更津総合, 日本航空石川, 重吉翼, 根本太一

148キロの速球を投げる日本航空石川・重吉翼投手と、149キロを昨夏の甲子園で記録した根本太一投手がそれぞれ最後の夏の初登板を果たした。

昨夏の想いを

日本航空石川の重吉翼投手は、昨年夏の初戦で2回3失点と投球を乱し、チームも初戦敗退をしている。この日は石川県工との初戦となったが、148キロを記録して星稜の奥川投手と県内のライバルと評価される投手となった重吉投手は、7回を投げて無失点、許したヒットは1安打で6つの三振を奪う見事な投球を見せた。

「去年のことがあって緊張感はあったし、最後まで何が起こるか分からないと思っていた」と話した重吉投手、唯一許した初回にヒットについて、「浮いてしまって当てられた。精度を高めていかないといけない、そこが反省点」と気を引き締めた。

この日は同じ球場の第1試合で星稜が登場したが、ライバル・奥川投手は登板しなかった。いよいよ決着の夏を迎える。

木更津総合の根本太一投手は、昨年夏の甲子園で149キロを記録し、一躍注目投手となった。しかし、昨年秋に右肩の痛みが出てからは、この春も投げているので痛みはそれほどないのだと思われるが、投球の調子が上がっていない。

五島監督は今大会の初戦の先発に背番号11を付けた根本投手を起用すると、最速144キロを記録し、「春の県大会の頃よりは良くなった」と話した。しかし、試合中盤に長打を浴びて3失点し、「力むとストライクが入らない。力を抜いて投げることを意識して、変化球の精度も上げたい」と話した。

五島監督も根本投手の調子について、「球は来ていたが調子がよくなかった。もう少し、自分を信じて投げてくれればいいのですが」と話し、精神的な部分の成長を期待した。

根本投手も昨年夏のあの投球を思いながら、高校最後の夏がスタートした。この夏に輝きを取り戻せるか。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
夏の高校野球・ 石川大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球・ 千葉大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

重吉が打たれた安打は初回の2番・荒木祥多二塁手(3年)の中前打のみ。「あの1本は(球が)浮いてしまった」と悔しがった。初戦を無失点で封じるも「精度を高めていかないといけない。そこが反省」と気を引き締めた。

この試合は立ち上がりから快調に飛ばしたが5、6回と長打を浴び3失点。それでも、最速は144キロをマークした。「春の県大会のころよりはよくなったけど、力むとストライクが入らない。力を抜いて投げることを意識して、変化球の精度も上げたい」と反省を口にした。


PAGE TOP