広島県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

広島県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

広陵の宗山塁選手は、全国屈指の内野手で、ショートの守備・打撃のセンスで非常に高いものを持っている。全国も経験し冷静な判断力も見られ、広角にヒットを打てば、狙っての長打も見せる。

速球投手が続々誕生する武田高は、久保田大斗投手が144キロの速球を投げ注目される。広島商の高井駿丞投手も186cm88kgの左腕で、高いポテンシャルを秘める選手。休止期間中に球速を伸ばしているか。

高陽東の間瀬場秋選手は、179cm96kgの左の大砲で、1年時に1試合3本塁打などで注目されている。逆方向にも放り込める選手で、走塁やサードでの守備も良い。6月から練習試合が解禁となってからも2本塁打を放っており長打力に磨きをかけている。

広陵の山川大輝投手は、183cm83kgから140キロを超す球を投げ、ポテンシャルの高い選手。渡部聖弥選手は177cmの強肩で俊足の選手で、長打力もグングン伸びている。

その他の選手

広島新庄は共に170cmの左腕の3年生・秋田駿樹投手、2年生・秋山恭平投手が注目され、広島新庄の投手らしく130キロを超すストレートのキレは抜群。秋山投手はU15ぢ票を経験しており、来年の注目投手になる可能性が高い。高い打撃選手を見せる下志音選手は強肩と50m5.9秒の俊足もあり注目、181cmの杉井秀斗選手、俊敏な動きを見せる2年生の瀬尾秀太遊撃手なども期待。

市立呉の住本太陽投手は182cmから力のある球を投げる投手で、1年秋は制球難に苦しんだものの成長をしている。広本拓士投手も179cmから住本投手を上回る球威ある球を投げる。

広島商は廣島智広投手もしなやかな腕の振りを見せる左腕投手、寺本聖一選手は筋肉で鍛えられた体で俊足と強肩を見せる。

尾道商の松井健選手は、192cm98kgの右の大砲で、長打力では間瀬場選手と比較されるほど。確実性という点でまだ荒削りだが、そのスイングは迫力十分。またリードオフマンの児仁井佑真選手は昨秋の広陵戦で5打数5安打、4本の2ベースヒットと当たりまくった。

山陽高の高橋優心選手はショートの守備力が高く評価されており、宗山選手と比較されるほど。打撃、肩も良く将来が楽しみ。盈進の大久保航希選手も野球センスと身体能力の良さを見せる。近大福山の永田智也選手は、遠投100mに足もあり、通算13本塁打のパンチ力もある。

三次青陵の渡邊葵選手も160cmと上背はないが、遠投100mの強肩と15本塁打を打っている。祇園北の松枝明憲選手も172cmだがパンチ力のある選手。広島工の花本海夢選手は1年秋からレギュラーを務めるリードオフマンで、盗塁が光る。

呉港の山本塑有斗投手は185cmの上背がある投手で急成長をしているという。

2020年度以降-高校生-広島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント