飯山高・常田唯斗投手がプロ志望「どこでも行きたい」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

飯山高校の146キロ右腕・常田唯斗投手が、プロ志望を表明した。

スポンサーリンク

初回3失点

常田唯斗投手選手はこの日、長野大会決勝で佐久長聖と対戦したが、初回2アウトから打ち込まれて3失点をした。

これまでは、その後も粘りで抑えることができていたいが、「試合前から腕の張りがあって、球速も出なくなっていくのが分かった」と、この日はさすがに疲れが見え、その後も抑えることはできず、5回7失点で降板した。

試合後に、プロ志望届をすでに提出したことを明らかにし、「どこでも行きたい」と話した。

常田投手にはこの夏、8球団のスカウトが視察に訪れるなど、注目をされていた。ドラフト会議では5位前後での指名が予想される。

2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
長野県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C
長野県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

プロ志望届も既に提出し「どこでも行きたい」と宣言し、「僕らの分も優勝してほしい」と後輩に夢を託した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント