福岡ソフトバンクが大阪偕星学園の190cm左腕・新庄涼基投手に注目

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

福岡ソフトバンクが、大阪偕星学園の新庄涼基投手に注目していることが分かった。

スポンサーリンク

190cm左腕

大阪偕星学園の新庄涼基投手は、190cm85kgの左腕投手で最速141キロを記録し、また50m5.8秒の俊足を持つ身体能力の高い選手。

先日のプロ志望高校生合同練習会にも出場し、投打で出場をしたが、投球では最速は132キロ止まり、3本のヒットを許し1つの四球を与え、結果を残せなかった。

しかし、夏の大会では外野手として出場をしており、初戦で敗退したため登板の機会はなかった。また、夏の大会前に山本監督が智弁和歌山との練習試合で高嶋名誉監督に「横で投げさせてみたら」とアドバイスを受けると、そこからサイドスローに取り組みを始めていたという。

9月28日に同校で行われた紅白戦ではサイドハンドで登板をした新庄選手、まだ完全な素材型だが、190cmの左腕で、しかも非常に高い身体能力を持つ選手として、福岡ソフトバンクなどが将来性に注目しているという。育成ドラフトで指名される可能性がある。

2020年高校生プロ志望届提出選手一覧
高校生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴や簡単な紹介です。8月13日に17名が追加され合計78名になりました
プロ志望高校生合同練習会の参加選手一覧
8月29日、30日(甲子園)、9月5日、6日(東京ドーム)で行われるプロ志望高校生合同練習会の参加選手の一覧です。西日本会場の注目選手/東日本会場の注目選手

夏の独自大会は初戦敗退。登板機会はなかった。8月末の甲子園でのプロ志望高校生合同練習では、シート打撃ですべて上で投げたが緊張もあり、思うような投球はできなかった。それでも、50メートル5秒8とチーム一番の俊足、これまで故障したことがない190センチ左腕という素材に、ソフトバンクなどが、その将来性を評価している。育成からでも大化けする可能性もある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. ホークス1位は佐藤(近大)なのか?
    確かに今シーズンの松田を考えると緊急を擁してるんで
    わかるけれど西川(東海大相模)も指名してほしい
    とにかくスラッガーを指名してくれ