中京大中京・高橋宏斗投手、「12球団どこでも」も中日に「全ての憧れが詰まった球団」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

中京大中京がこの日、練習を公開し、ドラフト1位候補の高橋宏斗投手が取材に応じた。12球団OKの姿勢を示したものの、地元中日に憧れを見せた。

スポンサーリンク

小学校の時にドラゴンズジュニアでプレー

高橋宏斗投手は取材で、1位候補として待つ心境について、「指名されたら12球団どこでも行きたい」と話した。しかし、地元の中日が1位指名をする可能性が高いことを聞かれると、「凄くうれしく思います。」と話した。

高橋投手は愛知県出身で、小学校2年生で野球を始めると、6年生の時には中日ドラゴンズジュニアに選出され、中日のユニフォームを着てプレーした。その後、中学・高校と愛知でプレーし、中日ファンとしてナゴヤドームにも足を運んだ。

「小さいころからドラゴンズを見て育ってきたので縁があるチームだと感じている。自分の中の一つの野球を育ててくれたのがドラゴンズ。憧れの選手も多く、全ての憧れが詰まったチームでもある」と話し、中日への想いを語った。

プロ入り後について聞かれると、「中森投手は甲子園のマウンドさばきに衝撃を受けた。小林投手の真っすぐには伸びであったり迫力を感じた。まだなりきれてない」と世代でもまだトップにはなっていないと話し、「現段階では通用しない。まずはしっかり体をつくること。自分の持ち味はストレートなので、狙っても打たれないストレートを追求したい」とストレートをさらに磨いていくことを目標にした。

憧れの選手については、「自分がそういった憧れられる投手にならなければいけない」と話し、「中日の大野さんのようにどんな時でもチームの勝ちにつながる投球ができる投手になりたい」と、中日で活躍するエースの名前を挙げた。

将来は球界を代表する投手に

高橋投手は昨年秋の明治神宮大会で好投を見せ、秋の時点で148キロを記録していた。オリックスの山本由伸投手が使っているジャベリックスローの動画を見て、投手リーダーとしてチームにトレーニングに取り入れると、高橋投手は最速154キロになり、投手陣全員が5キロほどのスピードアップを達成したという。

まだ成長途中の投手だが、9回を完投できて150キロの球はいつでも出せる。変化球も曲がりの大きなものを中心にしっかりと投げる事ができ、コントロールもまずまず。ただしプロのストライクゾーンに対応するためにはもう少し精度を良くしていく事が必要かもしれない。

昨年、佐々木朗希投手や奥川恭伸投手が高校NO.1として注目されたが、高橋投手も奥川投手に匹敵する投手だと思う。将来は球界のエースとして投げていそうだ。

2020年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。

6日に大学進学から一転、プロ入りを表明した高橋。緊張した面持ちで会見場に入ると「指名されたら感謝の気持ちをもって12球団のどこでも行きたい」と宣言。一方、地元・中日については「小さいころからドラゴンズを見て育ってきたので縁があるチームだと感じている。自分の中の一つの野球を育ててくれたのがドラゴンズ。全ての憧れがつまったチームでもある」と熱い思いを口にした。

同じ世代の選手には絶対に負けたくない。「中森投手(明石商)は甲子園のマウンドさばきに衝撃を受けた。小林投手(智弁和歌山)の真っすぐには伸びであったり迫力を感じた。(世代No・1には)まだなりきれてない」と自己分析するが、もちろん自信はある。昨秋は明治神宮大会を制覇し、今夏の愛知県の独自大会では自己最速の154キロも計測し、頂点に立った。甲子園交流試合でも圧巻の投球を披露。昨秋から公式戦は負けなしの28連勝を決めた。

昨年末からひと冬で、148キロから154キロへ球速が増した。オリックス山本がやり投げのような道具(ターボジャブ)を使って行うジャベリックスローの動画を投手リーダーだった高橋が取り入れ、投手陣全員が5キロほど球速アップしたという。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント