夏の甲子園2018の見どころ~その1~ 今年のドラフト注目投手たち

柿木蓮, 山田龍聖, 渡邉勇太朗, 佐藤幸弥, 小寺智也, 川原陸, 森悠祐, 修行恵大, 福山優希, 大石晨慈, 沼田翔平, 生井惇己, 鶴田克樹, 垣越建伸, 吉田輝星, 高山陽成, 恩田慧吾, 岸川海

夏の甲子園出場を決めた選手たち、その中で注目される選手など、今大会の見どころを紹介します。まずは、注目投手の紹介です。

まず注目したい3人

一昨年は藤平尚真投手、寺島成輝投手、高橋昂也投手、今井達也投手、昨年は木更津総合の山下輝投手、花咲徳栄・清水達也投手、秀岳館・川端健斗投手が注目された夏の甲子園、まず今年の甲子園で、3年生で注目したいのは、金足農の吉田輝星投手、浦和学院・渡邉勇太朗投手、大阪桐蔭・柿木蓮投手の3人。

最も評価が高いのは吉田輝星投手、秋田大会では最速150キロを記録し、決勝では疲労もかなりあったと思うが、それでもここぞという所で決まる低めの140キロ後半の速球は、魅力十分だった。春に桑田真澄投手に例えられた投手で、上背はないものの投球センスも力も抜群、この夏に最も評価を上げた投手と言える。

浦和学院の渡邉勇太朗投手は、190cmの上背があり、埼玉大会ではスカウトのスピードガンで149キロを記録した。角度で勝負するタイプよりもストレートのキレで勝負できる大型右腕、春に右腕を故障してからまだ万全の状態ではないようだが、それでも抜群の球を見せた。甲子園では投球が大いに注目される。

そして3人目は大阪桐蔭・柿木蓮投手、昨年も2年生ながら夏の甲子園で、仙台育英戦で9回に逆転負けをしたものの、角度のある球を見せて完封ペースのピッチングを見せていた。しかし昨年秋や今年のセンバツでは球速も出ず、春はベンチから外れ、ミニキャンプを続けてきた。微妙なコントロールがあるタイプではなく、北大阪大会でも肝心なところは根尾昂投手が登板したが、履正社戦の9回にマウンドに立つと最速148キロを記録した速球で力を見せた。決勝でも序盤に147キロを記録し威力を見せたが、全体的には許したヒットも多く、信頼感を勝ち得るにはもう少しという内容だったが、夏の甲子園での投球に注目したい。

その他の注目投手

今大会は左腕投手に注目したい投手が多い。山梨学院・垣越建伸投手は最速146キロの速球を投げ、ゆったりとしたフォームから外角に力のある球を投げ、面白いように三振を奪った。プロからも評価の高い投手。高岡商の山田龍聖投手は148キロ左腕、昨年夏の甲子園で147キロを記録したが、今年は課題の制球難も残る他、春からも本来の力を見せられていない。プロを意識している投手で、この甲子園でアピールしたい。創成館の川原陸投手は184cmの左腕で、昨年秋から注目されている大型左腕、夏の長崎大会でも安定感抜群でスケールも大きくなっている。近大付・大石晨慈投手は中学時代から注目された141キロ左腕、慶応の生井惇己投手はキレの良い球を投げ、将来性があるとみられる。

広陵の森悠祐投手は昨年夏の甲子園でリリーフで登板し、140キロ後半の速球を投げて注目された。課題の制球難を克服するためやや腕の角度を下げ、まとまりを得たものの球威は昨年の方が感じられた。スラッガーとして注目される花咲徳栄の野村佑希選手は投手としても最速147キロを記録し、下関国際の鶴田克樹投手も148キロの速球を投げるが打撃でも特大弾を放ち、プロからはスラッガーとして注目されている。

旭川大高の沼田翔平投手は146キロの速球を軸にスライダーなど変化球もうまく織り交ぜる。大垣日大の修行恵大投手は故障明けでまだ本調子ではないが、フォームのバランスも良く、外角のコントロールが抜群、龍谷大平安の小寺智也投手もちょっとやそっとでは崩れなさそうな抜群の安定感を誇る。作新学院・高山陽成投手、前橋育英・恩田慧吾投手も安定感ある投球を見せるが、145キロの速球も持つ。

その他、球速では八戸学院光星の福山優希投手は148キロ、二松学舎大付・岸川海投手は145キロ、羽黒・佐藤幸弥投手は148キロの速球を投げる。

ただし、今年の甲子園で主役となるのは、2年生投手かもしれない。1,2年生については、別の記事で取り上げます。

夏の甲子園大会の出場チームと注目選手、スポーツ紙各紙のチーム評価など

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2018年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト


PAGE TOP