東大・宮台康平投手がフリー打撃登板

大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

沖縄でキャンプをしている東大の宮台康平投手が、フリー打撃に登板し84球を投げた。

新フォームは最速136キロ

宮台投手はこの日、フリー打撃に登板して、左肩の負担が少ない新フォームでバッターに対した。最速は136キロ、変化球も交えて84球を投げた。

宮台投手は昨年夏の日米大学野球で150キロを記録したものの、140キロ前後の伸びのある球が特徴で、高めの球で空振りを奪う場面も多かった。ただし、球の出どころが見づらいフォームだったこともあり、新フォームによってその特徴が消えていないか、球の質はどうかは非常に気になる。

投げ込みができており肩の故障の不安はもうないとみられる。これからの実戦では、前のフォームと同じような質の良い球を投げられるか、これからの実戦に注目したい。

2017年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

左肩に負担が少ない“新フォーム”で、最速136キロの直球に、変化球を交えて84球を投げ「順調に来ている」と汗を拭った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント