侍ジャパン大学代表候補の顔ぶれと選出予想(捕手編)

昨日(6月8日)に発表された、2018年の侍ジャパン大学代表候補、その顔触れを紹介する。また大学野球選手権で活躍してこれから追加招集されそうな選手、そして、最終的に選手とされそうな選手を挙げてみる。今回は捕手の候補について。

候補のメンバーは 侍ジャパン大学日本代表(2018)候補選手一覧

捕手

顔触れ

慶応大・郡司裕也選手は高校時代もU18代表を経験しており、大学でも1年生からマスクを被った。多くの投手をリードして昨年秋、そして今年春に東京六大学を連覇、投手つぎ込む大久保監督に欠かせない捕手となっている。

頓宮裕真選手も長打力が抜群の選手だが、打撃を活かす時は一塁で起用し、捕手で起用するときは打撃に集中できない。しかし捕手としての肩、リードも素晴らしく、打撃を捨ててでも捕手として起用したい。

立教大3年の藤野隼大選手は昨年秋に4本塁打に打率.386を記録しブレークした捕手、今年は1本塁打とやや当たりに欠いたが、打撃系捕手といえる。

東洋大の佐藤都志也捕手は、今年春に4本塁打に打率.358を記録、何より東洋大三羽烏の甲斐野投手、上茶谷投手、梅津投手をリードしている。東海大の海野隆司捕手は今年春にリーグ首位打者。ホームランは無く打点も5と打撃よりは、東海大の多彩な投手を受けてきた実績がある。

追加招集

2016年は7人が参加しており、追加招集は2人とすると、一人はやはり大商大の太田光選手だろう。春は打率.522を記録、2本塁打も打っている。肩やフットワークの評価も高い。

また富士大の3年生・下地滉太選手は高校時代から注目されており、現在は富士大の多彩な投手の球を受けている。

選出予想

3人が選ばれる。代表戦は継投も多くなりそうで、多くの投手の特徴を引き出す点で郡司裕也選手は外せない。亜細亜大の頓宮裕真選手も生田監督が代表監督という事もあり欠かせない存在だろう。もう一人は安定したキャッチングやスローイングのできそうな捕手を選ぶことになりそうで、予想は難しい。ここでは今年のドラフト候補という事もあり、太田選手を選びたい。

侍ジャパン大学日本代表(2018)候補選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page


PAGE TOP